« [競馬]福島記念が終わって~晩秋の福島競馬と会津再訪の旅 | トップページ | [競馬]また馬インフルエンザ »

2007.11.12

[競馬]エリザベス女王杯が終わって~晩秋の福島競馬と会津再訪の旅・その2

 今年のエリザベス女王杯は開門もしないうちに終わった。
 会津若松のホテルで起床し、ラジオをつけたところ、地元放送局の番組の中で思わず耳を疑う発言があった。

「ウオッカ出走取り消し」

 …前日に福島で購入した馬券は、ウオッカとダイワスカーレットの2頭軸で勝負していたので、この時点で自動的に全額返還決定である。
 かといって、いまから福島競馬場やウインズ新白河に行って買い直すわけにも行かず、またPATの残高もほとんどない状況だったので、泣く泣くあきらめることに。

 レースは「SLばんえつ物語」の車中で、携帯のワンセグで視聴。ダイワスカーレットの完勝であった。もしウオッカが出ていたとして、今日のダイワスカーレットに勝てていたかどうか。
 これでオークスを除く牝馬3冠を達成したダイワスカーレット。今後がますます楽しみなのと同時に、オークスに出られなかったことがいまさらながら悔やまれる。

 ところで、今年の最優秀3歳牝馬はどうなるのだろうか。3冠のダイワスカーレットなのか、牝馬ダービー馬のウオッカなのか。
 それを占う意味でも、今回はやはりこの2頭の戦いが見たかった。

 ちなみに、同じ前日発売の水沢は的中。ジャパンカップで府中に行ったときに払い戻すか。
      ・
      ・
      ・
 会津で迎えた2日目の模様は次回。

|

« [競馬]福島記念が終わって~晩秋の福島競馬と会津再訪の旅 | トップページ | [競馬]また馬インフルエンザ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52754/17048665

この記事へのトラックバック一覧です: [競馬]エリザベス女王杯が終わって~晩秋の福島競馬と会津再訪の旅・その2:

« [競馬]福島記念が終わって~晩秋の福島競馬と会津再訪の旅 | トップページ | [競馬]また馬インフルエンザ »