« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007.08.30

[グルメ]懐かしのミルメーク

Dsc00527

 たまたまコンビニに寄ったらこんなものが売っていた。
 あのミルメークの味を再現した飲み物だとのこと。

●ミルメークファンサイト「ミルメークを極める」

 ミルメークといえば我々の世代にとっては憧れの飲み物だった。給食でこれが月1回程度出るのだが、この日はみんな大喜び。この日不幸にも欠席してしまった生徒の分のミルメークと牛乳は、当然のごとくおかわりの争奪戦になった。筆者も何度も参戦したものだ。
 実はミルメークは各地のスーパーで市販されており、我が家でもたまに購入して愛飲している。

 そんな思い出いっぱいのミルメークの味を再現、ということで早速購入し飲んでみた。
 うむ、確かにミルメークの味だ。ちょっと薄めだけれども。
       ・
       ・
       ・
 そういえばこんなことを思い出した。
 ミルメークを瓶牛乳に入れるときは、一口飲んでから入れないと、あふれてしまうのだよ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.22

[競馬]続々・馬インフルエンザ

●【重要】馬インフルエンザに関するお知らせ

 とりあえず今週末の中央競馬開催は決定。
 先週中止になった札幌記念は9月2日に代替開催。これで9月2日は新潟・小倉の2歳Sとトリプル重賞となる。

 開催決定はいいのだが、本当に安心していいのだろうか?
 まだ馬の移動制限については解除されていないようだし、放牧中の有力馬の今後が気になるところ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.08.19

[競馬]続・馬インフルエンザ

 中央競馬のない土曜日。グリーンチャンネルは過去の再放送を延々と流し、ラジオは今年の名場面を振り返っていた。
 こんなときは地方競馬だ、と水沢や荒尾のネット中継を見ながら、そういえば今日は土曜だけれども大井競馬があるんだよな、と公式サイトを開こうとしたら…何か様子がおかしい。

●8月18日第9回大井競馬第3日目の開催中止について

 大井が中止に追い込まれた!
 後ほど発表があって、大井の件は馬インフルエンザではなかったとのことだけれども、衝撃的なニュースだった。

 余波はまだ続く。
--------
●金沢競馬:開催中止のお知らせ

 JRAから移籍してきた馬から陽性反応、今度の日・月(19~20日)の開催を中止に。

●ホッカイドウ競馬(旭川):8月21日~23日の競馬開催の中止について

 こちらもJRAからの移籍馬に陽性反応があり、来週火・水・木(21~23日)の開催を中止に。

●ばんえい競馬(帯広):【重要】ばんえい競馬開催における馬インフルエンザへの対応策について

 こちらは感染発覚ではないが、安全のためバックヤードツアーや馬とのふれあいイベントを当面中止に。
-------- 
 週末の、夜の楽しみはいつ帰ってくるのだろうか。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007.08.18

[競馬]馬インフルエンザで今週の中央競馬中止

 昨日の段階では「今週末は開催する」なんて言っていたJRAだが、急転直下今日になって今週末の開催中止が発表された。来週以降も微妙な情勢とのこと。
 ニュース報道によるとメイショウサムソンにも感染の疑いが持たれたほか、またマイネル軍団の馬が多数感染したとか。
 こりゃ想像していたよりも事態は深刻なのでは。
 
 今週は夏の重賞の中では宝塚記念に次ぐビッグレースである札幌記念が組まれていたのだが、果たしていつ開催できるのだろうか。
 このタイミングで札幌入りを計画していたなんて人も多かったはず。どうするんだろうか。例えば帯広ばんえい競馬に参戦するにしても、札幌からだと結構距離があるわけで…。
 札幌ドームの日本ハム戦もあるらしいけれども。

 関東では大井競馬で、イナリワンのお披露目があるらしい。
 面白そうだが明日は予定が入っている…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.17

[社会]この夏一番の猛暑

★午前4時過ぎ、早朝の地震で叩き起こされる。地元では震度4だったらしい。そのまま朝まで眠れず、ふらふらの状態で出社。その後8時半頃、そしてつい先ほど(0時22分頃)にも震度3が来た。でかいのが来なければいいが。

★そこに来て今日の記録的な猛暑である。その上今日は現場に出る仕事があったため悲惨な状況に。帰る頃にはすっかり消耗しきっていたため、予定していた船橋競馬場での旭川・ブリーダーズゴールドカップ観戦を断腸の思いで見送る。

★で、帰ってから知ったけれども、JRAのトレセンで馬インフルエンザが発生、安全のためにそのブリーダーズGCに出る予定だった中央馬4頭が出馬をキャンセル。今週末の中央競馬開催も微妙な状況だとか。どうなることやら。

★ブリーダーズGCはスカパーの中継で見た。地方馬だけの8頭立て、北海道5頭、笠松2頭、兵庫1頭という顔ぶれ。レベルを考えると結果は推して知るべし、北海道の5頭が掲示板独占であった。去年は1番人気馬だったタイムパラドックスのスタート直前での競走除外、今年は中央馬のキャンセルと、道営競馬にとってはついていない話である。

★暑さのピークは越えたということだが、まだまだ油断は出来ないだろう。ライブカメラの向こうの会津若松ではもう鈴虫が鳴いている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.14

[雑記]短い夏休み

 ふざけたことに今年の夏休みは昨日(月曜)で終わってしまった。週末とあわせても3日しかなかった。
 もっとも、金曜は午後半日休みを入れたため、実際には3.5連休だったけれども。

*金曜午後
 正午に退社、久々に秋葉原へ向かうことに。
 その前に、前から見たいと思っていた両国・江戸東京博物館「大鉄道博覧会」に立ち寄ることにした。
 入場料1300円(高い!)を払って中に入ると、大昔の貴重な写真だとか備品、あるいは車両模型などがズラリ。なかなか興味深い展示内容だった。

 両国をあとに、いよいよ秋葉原。
 久々に駅前の献血ルームで献血を行った後、9月いっぱいでの閉店が伝えられたラオックスザ・コンピュータ館などをしみじみと眺めつつウィンドウショッピング(買うものがなかっただけ、とも言うが)。
 一方、前回購入できなかった「ラーメン缶」を購入、おやつ代わりにいただく。ちゃんとラーメンの味がした。麺がこんにゃくで出来ているせいもあってか、硬めなのは気になったが。
 暗くなってから現地で夕食を取り、そのまま帰宅。

*土曜
 特に予定もなく、いつものように会津若松駅ライブカメラなど見ながら雑用をこなす。
 画面の向こうは、SLから各駅停車までものすごい賑わいだった。

*日曜
 夜更かしのせいか午後に目覚める。正確には早朝に目覚めて、エアコンかけてそのまま二度寝したのだが。
 携帯を見るとメールが…大阪の友人が小倉競馬場に遠征しているとのこと。グリーンチャンネルで現地の様子を見るが、本当に暑そうだった。
 その小倉のメイン・北九州記念は大波乱の結果に。

*月曜
 墓参りに付き合わされる。それ以外は終日雑用をこなす。

 明日明後日はガラガラの電車で通勤することになるのだろうなぁ。
 他所並みに15日まで休ませてくれればいいのに。

 16日は船橋にブリーダーズゴールドカップ(旭川)を買いに行く予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.05

[競馬]中山競馬場花火大会

Dsc00407

 今日8月5日、中山競馬場で花火大会「THE GRAND SKY MUSICAL 2007」が開催された。
 これは毎年8月の第1日曜日に行われる由緒ある花火大会なのだが、名目上は競馬場周辺地域の住民へ向けた完全な地域イベントなので、基本的に告知は周辺地域だけに限られ、JRAから全国向けの告知が出ることはなく、またかつては平日(8月の水曜日)に行われていたことも重なって、「幻の花火大会」とも呼ばれていた。
 現在でも周辺地域だけの告知に変わりはないが、開催日が8月第1日曜日に固定され、日中に馬券を買ったあと、そのまま居残って花火を見ることが出来るようになったことなどもあり、すっかり全国的な知名度の大会となった。

 14時ちょっと過ぎに中山入り。競馬場に行くからには当然馬券も買うわけで、昼食をとった後に新潟・小倉・函館のメイン3レースを購入。さらに、先日の新潟旅行で時間の都合上払い戻せずに持ち帰ってきた、裏の黒い7月15日函館12Rの当たり馬券を払い戻し機にかけた。
 中山ではもう買えない磁気券だけに、コピーサービスの係員のツッコミを期待したが無反応だった(笑)

 買った馬券は新潟(関屋記念)馬複19.6倍と美味しかったものの、小倉・函館(函館2歳S)は外れ。特に函館、評判馬だったはずのエイブルベガがまったく良いところなく轟沈。
 一方、勝ったのは道営所属のハートオブクィーンだった。
     ・
     ・
     ・
 今年の道営2歳は非常にレベルが高い。
 特に、まだ中央出走歴はないが、エックスダンスという馬の名前は覚えておいて損はない。道営の新馬・特別・重賞と3連勝いずれも圧勝。道営のディープインパクトになれるかもしれない逸材である。
     ・
     ・
     ・
 メインレースが終わると、いよいよ場内も花火客が大勢を占めるようになって来た。自分のように場外発売から居残る客はそれほど多くない様子。最終的には下手な重賞よりも大勢の客がスタンドを埋め尽くした。
 前座の子供向けアニメ上映会などを経て、いよいよ19時15分、花火打ち上げがスタート!
 向こう正面約600メートルをフルに使い、音楽ともシンクロさせた派手で大掛かりな打ち上げ。しかもスタンドからの距離が非常に近いため、文字通りの大迫力。打ち上げ数も約45分間で約7000発とも1万発とも。
 かつて「幻の花火大会」と呼ばれた所以は、この間近で堪能できる大迫力にもあるのだ。

 20時過ぎに打ち上げが終了。船橋法典駅へ向かう通路もまるでGI(JpnI)開催終了後並みの大混雑で、前に進むのも大変な状態だった。
 来年は2008年8月3日の開催となるはずである。ぜひ来年も足を運びたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.04

[雑記]玉掛技能講習修了

 今日までの3日間、千葉県は佐倉という場所に「玉掛技能講習」なるものを受講しに行って来た。
 「玉掛技能講習」とは、簡単に言ってしまえば、クレーンに荷物をくくりつけたり、クレーンの運転者に対し合図を送って荷物を運んでもらうために必要な資格を得るための講習のこと。この資格を持っていれば、重量無制限でありとあらゆるクレーンに対し荷物をくくりつけたり、合図を送ったりすることが出来る。
 よく工事現場とかでクレーンのそばに立って、ピーピー笛を吹いて合図を送っているアレね。

 何でこんなものを取ってきたのかというと、仕事で使うからに他ならないのだが。 
 今の勤め先の部署はバリバリの現場仕事ではないが、ごくまれに天井クレーンを使った作業があるので、折角だから取って来い、と。もちろん費用は全部会社持ちである。

#とはいえ、上役の不手際で自腹立替払いを強いられた。つまり、会社に金を貸している状態なのだが(笑)

 講習は2日間の学科と1日の実技で構成される。
 学科はクレーンの基礎知識から力学、関連法規まで幅広いが、重要な部分は講師が強調して教えてくれるのでそれさえ覚えてしまえば、当日行われる学科試験もすんなり突破できる。
 …それでも70人くらい同時に受けて、5~6人学科落ちしてたけど。

 実技は実際に荷物(今回は500kgのH型鋼)にワイヤーや金具を取り付けて、クレーン操作係(今回は講師が勤めた)に合図を送り、所定の場所に運ぶという流れの練習だった。
 取り付けからその後の確認、的確な合図に周囲の安全確保と、簡単そうに見えて結構忙しい。
 それでも無事乗り切って、修了証(免許証みたいなもの)を持ち帰ってきた。

 とりあえずこれで、履歴書に書ける資格が一つ増えたわけだ。
 なお、この先待望のフォークリフト講習のブッキングも決定している。そのときは再び佐倉に向かうことになるだろう。
 …折角玉掛取ったし、自腹切って小型移動式クレーン(いわゆるユニック)か床上操作式クレーン(5トン以上)でも取ろうかな?

#会社で取らせてくれる5トン未満クレーンではたいした価値もないらしい
      ・
      ・
      ・
 今回お世話になった教習所はこちら。県下では名門である。

●佐倉クレーン学校

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »