« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006.08.31

[スポーツ]2016年五輪国内候補地、東京に決定

●【速報】五輪国内候補地東京に決定 ライバル福岡市をやぶる
●東京・福岡 それぞれの表情 2016年夏季五輪大会の国内候補都市、東京に決定

 2008年が北京である以上、たった2開催8年後にまたアジアで五輪が開かれる可能性は限りなく低いわけだけれども。
 既存の施設を最大限に活用するとのことだが、前回の1964年当時とは東京もさまざまな点で変化しているわけで、例えば交通の面など果たしてうまく処理できるのだろうか…?

 そういえば、大井競馬場で馬術競技をやるという話も出ていたような。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.08.29

[社会]地下鉄消えるはずだった!50年前の未来像、6割外れ

●地下鉄消えるはずだった!50年前の未来像、6割外れ

 我々が幼少の頃に読んだ百科事典や図鑑、あるいは漫画やアニメなどで描かれていた未来像。
 行き先を入力すれば自動操縦で乗ったまま移動できる車が透明なチューブの中を走っていたり、東京から大阪まで30分でいけるロケット列車が走っていたり、勿論宇宙へも自由に行き来できたり。
 家事などはロボットがてきぱきとこなし、人間は座って命令を出すだけ。

 …そういえば、1999年7月に世界は破滅していなければならなかったはず。
 そして生き残った人類はモヒカン頭になって破壊と暴力の限りを尽くし、そこに現れた胸に七つの傷のある男が…ってあれ?

 そういえば、1985年の科学万博に2回(家族で1回、学校の遠足で1回)行ったが、あの時に展示されていた未来技術は、今どれくらい実用化されているんだろうか?

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006.08.26

[天文学]水金地火木土天海

●[太陽系惑星]冥王星除外…9→8に 天文学連合定義案修正

 これからは、表題のような太陽系の惑星の覚え方になるということか。

 冥王星といえば「銀河鉄道999」ではかなり重要なポジションにある星だったりする。松本氏の心境やいかに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.24

[ゲーム]レビュー:Newスーパーマリオブラザーズ

 先日、DSライトと同時に入手した「Newスーパーマリオブラザーズ」だが、先日ついにオールクリア(全ステージ・全隠しステージクリア。いわゆる「3つ星」)を達成したので簡単にレビューしてみる。

●Newスーパーマリオブラザーズ公式サイト

 リアルタイムファミコン世代として、ファミコン版の「スーパーマリオブラザーズ」はかなりやりこんだ身だが、今回の「Newマリオ」は、久々に当時の感覚を思い出させてくれた。
 「マリオ1」から「4(スーパーマリオワールド)」までのいいとこ取りともいえる今作のシステムだが、普通にステージクリアを目指してプレイする上で難しい操作は一切必要ない。昔の「スーパーマリオ」と同じようにプレイしていれば、とりあえずエンディングは見られる。パッケージに書いてある「誰でも出来る」という謳い文句は間違ってはいない。
 だからといって、コアなゲーマーにとって物足りないゲームかというとそうではないではない。今回のように全ての謎を解こうとするならば、かつての「マリオ2」にも匹敵する高難易度のステージに挑む必要がある。
 つまり、一連のライトユーザー向けDSソフトから入った人にも、我々のようなヘビーユーザーにも、どちらにも対応できるつくりとなっているのだ。まさにDSの設計・販売思想の集大成ともいえるだろう。

 勿論不満点はないわけではない。
 例えば、オールクリアするまでは特定のステージをクリアしないとセーブが出来なかったり、特定のアイテムが必要な謎解きが多い割には、それを持ち出すのが面倒だったりすること。それと、せっかくの売り文句だった巨大マリオの使いどころ・使い勝手があまり良くなかったことなど。
 しかしそれらを些細なことと片付けてもいいほど、今作は魅力的な作品だったといっていいだろう。

 既に200万本以上が売れているという今作。
 DSユーザー一人に1本ずつ常備しておきたい作品といえよう。
      ・
      ・
      ・
 さて明けて今日(24日)はいよいよDS版「ファイナルファンタジー3」の発売日。
 勿論明日買って帰ってくるつもり。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006.08.21

[スポーツ]夏の甲子園決勝、引き分け再試合へ

 テレビで見ていたがすごい試合だった。
 この内容だけなら、心情的に両校優勝にしてやって欲しいくらいだが、それも無理な話。
 明日(月曜)行われる再試合で、栄冠を手にするのは、果たしてどちらか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.16

[社会]小泉首相、終戦記念日に靖国神社参拝

●小泉首相、公約を実施 就任5年目で終戦当日に靖国を訪問

 右だの左だの、政治的イデオロギーの話はよく分からないけれども、少なくとも首相の演説を聴く限り至極まっとうな主張をしているように感じ取れた。
 「特定の誰かのために、特定の勢力のために行くのでも、行かないのでもない」…全くもって当たり前の考えで、まして一国の代表ならこういう姿勢をとって当然のこと。
 …同じ態度をアメリカに対しても取れればもっと評価できるんだが。

 もっとも、特定国家と、その取り巻きのマスコミと財界が大騒ぎしすぎなのは確か。
 自国民からの政権への批判をかわしたい特定国家、なんでも反対を唱えていれば数字(部数・視聴率など)が取れるマスコミ、今の見せ掛けの景気回復と高収益維持のために特定国家に擦り寄りたい財界…本来批判されるべきは、これらの存在ではないだろうか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.08.15

[社会]東京大停電

●首都圏で大規模停電 朝の交通機関に乱れ
●「送電線に注意」警告も空しく クレーン船が送電線に接触、大停電を起こす

 今日は休みだったので少し遅めに起きたのだが、テレビ・ラジオのニュースはこの話題で持ちきり。
 最近の英国でのこともあったし、最初はテロ発生かと思ってしまった。結局は事故ということだったわけだが…。
 ちなみに家族が1人ちょうど今回停電となったエリアに居住しており、あとで聞いたらやはり大騒ぎだったそうだ。

 しかし、たった2本の送電線が切れただけでここまで大規模の影響が出るとは。
 すぐに予備のラインを確保したとはいえ復旧まで時間もかかっているし、いざという時に大きな不安を残してしまったのではなかろうか。
 これが、よからぬ人々のヒントにならなければ良いが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.12

[社会]セルフGS95%で噴きこぼれ、原因最多はつぎ足し

●セルフGS95%で噴きこぼれ、原因最多はつぎ足し

 我が家の車も毎回セルフスタンドで給油しているけれども、ついついやってしまうのがこの注ぎ足し。
 そもそもが規定の量で止まるように設計されているわけだけれども、例えばお釣りで小銭が増えるのを回避したいとか、そういう心情がついつい注ぎ足しさせてしまうのだ。
 さすがに今まであふれさせたたことはないけれども。

 で、たまにあるのがレバーの加減を間違って***0円で止まらず、1円分多く入れちゃって、***9円のお釣りがジャラジャラと…これが非常にシャクだったり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.09

[ゲーム]ゲーム&ウォッチコレクション

 かつて発売された「ファミコンミニ」を揃えた時にしこたま貯まっていたクラブニンテンドーのポイントが大量にあったのだが、それが今年の9月で失効してしまうのだという。
 そんな中、ポイント景品が大幅に追加され、その中に「ゲーム&ウォッチコレクション」というものがラインナップされた。
 これはかつて発売されたゲーム&ウォッチの中から、2画面方式を採用していた3作品をニンテンドーDSに移植したもので、同じ2画面のDSで当時のゲームをほぼそのまま再現しているという代物。収録作品は「ドンキーコング」「オイルパニック」「グリーンハウス」で、特に「ドンキーコング」は手元に完動品の実機がある思い入れの強いゲーム。それだけに、早速このソフトにポイントを投じることを決定。

 そのソフトが先日手元に届いた。
 画面や音はほぼ忠実に再現されているし、ちゃんとゲームA・Bの難易度選択も可能。さらに、時計モードやアラームモードまで再現されているのは非常にうれしいところ。
 ただ、実機と比較のできる「ドンキーコング」に関して言えば、自機の移動速度などに若干の違和感を感じたのも確か。
 それでも、これは文字通りの値打ちモノといえると思う。

 もし将来、収録作品を増やして一般発売されるようなことがあったら、是非そろえたいところだ。
 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.08.03

[スポーツ]ボクシング亀田興毅選手、判定勝ちで世界王者に

●<亀田興毅>フアン・ランダエタに判定勝ち 世界王者に
●[亀田興毅]立ち上がりにダウン 判定に疑問の声も
●[亀田興毅]中継のTBSに電話殺到

 最初から見ていたけれども、これで勝ちはないだろうと思った。明らかに亀田選手が押されてたし。
 上の記事を見ても、名だたる元世界チャンプなどが一斉に今回の判定を批判しているのがよく分かる。
 昔、鬼塚勝也というプロボクサーが疑惑の判定で勝ち上がって物議をかもしたことがあったが、それ以来の怪しい判定といえるだろう。

#その鬼塚氏がテレビの解説者席に座っていたのは偶然か

 もし、同じ試合を第三国でやっていたら、判定はどうなっていただろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »