« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005.12.31

[社会]来年のJR東日本カレンダーに転覆事故の特急「いなほ」が

●JR東日本06年カレンダー1月に「特急いなほ」 発行30万部…新年飾る皮肉

 プロ野球チームのカレンダーなんかでも、移籍や引退した選手が載っていたりして時折話題になったりするが、こればっかりはもうどうしようもない。
 カレンダーなんてものは、早いところでは夏のうちくらいから製作に取り掛からないといけないわけで。
 これでJRを責めるのはお門違いというものだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.30

[社会]逮捕された中学教師、職業を旋盤工と偽る

●[暴行容疑]中学校教諭を逮捕 「振られた相手に似ていた」

> 神奈川県警鎌倉署は28日、同県茅ケ崎市東海岸南、横浜市立日野南中学校教諭、
> 海老塚義洋容疑者(39)を暴行容疑で現行犯逮捕した。
(中略)
> 海老塚容疑者は社会科の教諭で、逮捕直後は職業を「旋盤工」と偽っていたが、
> 身体検査で横浜市教育委員会発行の身分証が見つかった。

 こんな品性下劣な人間が教師をやっていたとはあきれ果ててものも言えない。
 タダでさえ保身のために職業を偽った上、名乗ったのが「旋盤工」だと?
 とっさに思いついたのが旋盤工だったのか? だとしたら、馬鹿にするにも程がある。

 このところ「〜工」という職業は軽視される傾向があるが、決して生半可な気持ちで務まる職業ではないのだ。
 そりゃ確かに綺麗な仕事じゃない。油だの粉塵だので汚れるし、何せ相手は工作機械だ、一歩操作を誤れば大事故の可能性だってある。それに、一人前と呼ばれるまで年単位の時間もかかる。
 それでも、今はコンピュータ制御のものも増えてきており、かなり作業負担は軽減されているが、細かい部分は手作業だってある。
 自分自身、旋盤とは違うがそれに近い機械を多少は(それでも年単位で)扱ったこともあるので、その難しさと奥の深さは分かっているつもりではあるが、こういう機械を自分の手足のように扱える熟練工は、心底尊敬に値すると思う。

 この教師は、そんなディープな世界を全く知らないで、イメージだけで自己保身に旋盤工の名前を出したのだろう。
 世間知らずとはこういう人物のことをいうのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.29

[社会]続:犯罪被害者の匿名・実名発表判断は誰がすべきか

●ありゃりゃ。(evil-live.voxx.jp様)

 昨日の記事に対する意見と反論が寄せられたので、一つ一つ回答していく。
 本来なら先方で回答すべきなのだが、先方には回答の場が設けられていないのでこちらで。

 まず前提条件として。
 自分は「犯罪・事件において、加害者より被害者を手厚く保護せよ」という考えを持っており、こと報道などで加害者ばかりが手厚く保護され、被害者は重箱の隅まで詮索されて晒される、この現状はおかしいと考えている。
 ついでに、重罰化寄りの刑法改正論者でもあり、死刑廃止反対論者でもある。
 更に言うならば、人権擁護法案反対論者であり、少年法改正論者でもある。こと凶悪犯罪者(殺人・強盗・放火・婦女暴行など)は年齢に関わらず大人と同じように逮捕・起訴し、刑事裁判を受けさせよという考えである。

 ではこちらの意見と、先方への反論を。

> じゃぁ被害者が決めればいい。場末のブロガー風情が決めることじゃねぇな。
> 事件に何の関係もない人間が「するべきだ」なんて言うこっちゃねぇ。

 何か勘違いされているようだが…これは一市民の意見表明であり、それ以上でもそれ以下でもない。
 勿論、今回のニュースに関しては「警察でもマスコミでもなく、被害者の意思を最終決定機会とせよ。被害者が実名公表を望むならそうすればいい」という意見を持っている。
 
> つまり…2ちゃんねる上において犯罪者の顔写真、実名、親族の勤務先まで公表すんのはアレ…オッケーなわけだね?
> あれこそが最も民衆が待ち望んだ姿なワケだね?

 確かに、2ch系の掲示板などで、こと少年犯罪者などはあっという間に実名や顔写真が出回り、法務省が火消しにかかることで逆にそれが本物であるというお墨付きを与えてしまうといった現象があるが、こうなるのはある程度やむを得ない部分もあるし、逆に、被害者の側も同じように丸裸にされてしまう現状もある。(勿論、現行法上では違法である)。
 報道などで伝えられるちょっとした情報でも、身近にいる人間にとっては簡単に当人を特定できてしまうわけで、そんな周辺人物の中には当然悪意を持った人間も必ずいるわけだ。
 で、その悪意を持った人間がちょっと情報を漏らせば、このネットワーク社会では一瞬にして伝播されてしまう。
 法規制などの単純な方法ではその情報の伝播を止める術はないのだ。まして2ch系のような、簡単に身元の割れにくい環境では尚更である。
 もし、この流れを止める方法があるとすれば、逆に教えて欲しいものである。

> 知りたくなきゃ一生そのまま知らなきゃいいのにね。テレビ消しちまえばいいのに。
> 「知らせる方が悪い」ときたもんだ。
> 別にテレビ見るのも新聞読むのも法律で義務付けられてるわけでもねーのにさぁ?

 勿論、一人一人には情報を遮断する権利は存在する。
 しかし、この日本の1億3千万人全員がそれを行使するワケがない。
 どうあがいても、情報は広まっていく一方なのだ。

> だったら自分で直接取材してくれ。
> だいたいこの「犯罪被害者等基本計画案が26日、正式に成立」をマスコミの報道で知ったくせにさ。

 自分がジャーナリストなら当然やっている。
 別にここはジャーナリストとして書いているわけでもなんでもなく、一市民の戯言を書き散らす場所でしかない。

> 「もっと石を投げやすくしてください!」
> 言うてるようなもんやん。っつーか加害者の何をどこまで知りてぇのよ?
> そして知ってどうするのよ?

 産経新聞の社説より引用。

> この措置は、犯罪被害者等基本計画による犯罪被害者の救済、支援策二百五十八項目の中の一項に含まれている。
> 「警察による被害者の実名、匿名発表については、案件ごとに適切な発表内容となるよう配慮する」という文言で、
> 実名か匿名かは事実上、警察当局が判断するというものだ。
> 報道機関などは、匿名発表だと事件報道で真実の追求に支障をきたし、
> ひいては国民の知る権利を阻害するなどの理由から反対し、
> 新聞協会は計画案から削除するよう求めていた。

 この件における「被害者」を「加害者」に置き換え、加害者=犯罪者に関しては包み隠さず事実を報道するべきであり、逆に被害者の実名報道に関しては被害者の意思を最大限に尊重せよ、というのが自分の考えである。
 例えば、現実に先日の広島や栃木の女子小学生誘拐殺人の被害者の家族などからは、報道機関に対し節度ある報道を求める要望が出ていた。
 しかし報道機関はそれを無視し、被害者の葬儀会場にまで押しかけたり、同級生などへの過剰なインタビューを繰り返したりした。
 それを被害者とその関係者に対する侮辱と言わずして何と言うか。そっとしておいて欲しかったはずなのに。

 逆に加害者はどうだろう。
 在日外国人だから、精神病院の通院歴があるから、未成年者だから、芸能人だから、地位の高い人だから…それだけの理由で、実名も報道されないどころか、事件そのものがうやむやにされてしまうことが多いではないか。

 例えば、今回の記事にTBをいただいたこの事件。

●外務大臣秘書の殺人事件を非公表に(「おもしろニュース拾遺」様)

> 容疑者が「一部否認」しているだけで事件を明らかにしないことはない。
> また「共犯」がいることが明らかな事件でも逮捕された犯人だけでも氏名を明らかにしている。
> 警察は辻褄の合わない言い訳をしたことで、かえって「麻生氏の関係者だから公表を控えた」という確証を抱かせている。
(中略)
> しかし実は今回の場合は、被害者でなく加害者の氏名、いやそもそも事件そのものを「警察の判断」で非公表にしてしまったのだ。

 もし、今回の基本方針が通ってしまい、警察が実名報道の有無の主導権を握ることになったら、このような事態が日常茶飯事になってしまうのだ。
 それで、良いとお考えか。

 まとめになるが、今回の基本方針は断固として容認できない。
 それで割を食うのは、我々一般市民なのだから。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.12.28

[社会]犯罪被害者の匿名・実名発表判断は誰がすべきか

●[犯罪被害者計画]匿名判断警察に 被害者遺族から懸念の声(毎日新聞)
●究極の選択!警察とマスコミ、どっちを信じる?(livedoorPJニュース)

> 内閣府の犯罪被害者等施策推進会議(会長・安倍官房長官)による犯罪被害者等基本計画案が26日、正式に成立する見通しとなった。
> きょう27日の閣議で正式決定されると新聞報道されている。
> この案に盛り込まれた、犯罪の被害者を実名もしくは匿名の発表の判断について、警察に事実上委ねる項目が盛り込まれたことに対し、
> 新聞各社や日本新聞協会、テレビキャスターらが、その事項を削除・修正するよう求めていた。

 以前このニュースが伝わった時、マスコミにこの件の主導権を握らせることに断固反対する旨の意見を書いた。
 かと言って、今回決まった警察の判断に委ねるという決定にも、断固として賛成は出来ない。
 リンク先にあるように、マスコミの報道は悪名高き記者クラブ制度の下に警察発表を鵜呑みにしているだけであり、どちらに主導権を握らせても結果は同じだからだ。
 今まで報道の自由の名のもとに、マスコミが何をやってきたか思い出してみるといい。

 被害者の実名発表の可否は、被害者及びその関係者が決めるべきだ。
 その代わり、加害者に関しては包み隠さず発表すべきだ。
 今の日本の司法制度と報道は、加害者があまりにも保護されすぎている。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2005.12.27

[競馬]画像で振り返る有馬記念

DSC00342

 列島に大きな衝撃を与えた2005年有馬記念。
 拙い画像では有りますがその1日を振り返って見ます。

DSC00281
DSC00282
●午前7時30分ごろの中山競馬場正門の様子と、塀沿いに続く入場待ちの列

DSC00284
●パドックに飾られた横断幕

DSC00286
DSC00289
●今回当選した指定席(3階A指定席)からの眺め。卓上にはレース映像やオッズが見られるモニター付き

DSC00301
●7R終了直後、一旦階下に降りてみる。これ以上前に進めないほどの混雑

DSC00302
●その直後、馬体重発表。ゼンノロブロイの+12、ディープインパクトの-4にどよめきが起きる

DSC00310
●パドックのオッズボード。この開催から、東京競馬場にあるような映像も映し出せる最新式に改良された

DSC00311
●パドックを3階から見下ろす。練り歩くディープインパクト(前)とヘヴンリーロマンス(後)

 そして…本番を迎えた。結果はご存知の通り。

●指定席から撮影した有馬記念レース映像(再生時間約1分・WMV形式)

DSC00316
●全レース終了後、2階フロアで打ち捨てられたディープインパクトの単勝馬券を見つけた

DSC00317
●中山の全レースが終わり、阪神のファイナルSを待つ観衆

DSC00331
●タップダンスシチーの引退式。温かい声援が送られていた

DSC00337
DSC00338
●毎年恒例のクリスマスイルミネーション

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.26

[競馬]有馬記念…ディープインパクト敗れる

●有馬記念・レース結果
●ディープインパクト敗れる!(livedoorスポーツ)
●<有馬記念>ハーツクライ優勝 ディープインパクト4冠逃す(毎日新聞)

 勝負の神が、若き英雄の鼻っ柱をへし折ったのか。
 この有馬記念に無敗の四冠がかかっていたディープインパクト。スタートからしばらくは最後方につけ、3コーナー手前から前進を開始し、4コーナーで先頭集団に取り付く、今までとなんら変わらない文字通りの必勝パターンだった。
 しかし、その先がおかしかった。先頭を走るハーツクライを捉えにかかるものの、いつもの驚異的な伸び脚がなかった。タダでさえ末脚自慢のハーツに、今日のディープは半馬身差まで迫るのがやっとだった。
 ゴールの瞬間、中山競馬場のスタンドに轟く16万人の歓声が悲鳴に変わり、一瞬の沈黙が漂った。
 四冠の夢舞台は幻に終わったのだ。

 ハーツクライとルメール騎手の作戦勝ちという見方も出来る。
 従来最後方からの追い込み一手だったこの馬を敢えて先行させ、自慢の末脚で引き離す戦術。
 要は、ディープより先に仕掛ければ勝てるという計算だったわけだ。見事である。

 ディープは負けた。しかし、だからといって彼自身や、その今までの偉大な戦績が否定されるわけではない。
 ルドルフやブライアンにだって土は付いたのだ。まして、まだ未来のある明け4歳馬。
 今後は春まで休養させ、その後1戦使って天皇賞(春)を目指すようだが、そこで今まで以上に威風堂々としたディープの勇姿が見たいし、今までと変わらない応援をしていきたい。

●[有馬記念]「道営の星」4着 大健闘に喜ぶ地元競馬界

 コスモバルクが最後の直線で一瞬見せ場を作った。着順も4着と、馬券の対象にこそならなかったものの久々の入着。
 五十嵐冬樹騎手との名コンビ復活が、これまでの迷走から来るもやもやを吹き飛ばしたか。
 これからも、バルクには五十嵐騎手を乗せて欲しい。
      ・
      ・
      ・
 明日の記事で、有馬記念の1日を振り返るさまざまな画像を掲載予定。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.12.25

[競馬]有馬記念

●有馬記念・レース情報

 ついにこの日がやってきた。
 日本中の競馬ファンが、ダービーとともにこの日を楽しみに生きているといっても過言ではないドリームレース・有馬記念。50回目の記念すべき開催に、綺羅星のごとく輝くスターホース16頭が勢揃い。近年まれに見る豪華メンバーといってもいいだろう。

 そんな中でやはり注目は、今年競馬界の話題を独り占めした無敗の三冠馬・ディープインパクトだろう。
 三冠の初戦・皐月賞以来約8ヶ月ぶりに、若き英雄が中山のターフに戻ってきた。
 当然、ここは有馬記念も勝って無敗の四冠達成の夢をかなえて欲しい…が、果たして歴戦の古馬との対戦でどうだろうか、という部分は誰もが気になるところだろう。
 しかし、往年の勢いのなくなったタップダンスシチー、今年未勝利の上前走レコード決着のジャパンカップで激しい消耗戦を演じたゼンノロブロイ、追い込み一手で小回りの中山ではきつそうなハーツクライと、古馬陣営も決して磐石ではない。
 一番怖い相手と思われるのが復調著しく、鞍上も強力なデルタブルースだが、あえて言うなら、菊花賞やステイヤーズSを勝っているだけにもっと長い距離がいいのではないか。

 もし、ディープインパクトが本当に数年に一頭のスーパーホースなら、今回対戦する古馬陣など一刀両断に切り捨てて四冠を達成できるはずだ。
 これは、過去の四冠馬であるシンボリルドルフやナリタブライアンになれるかどうか、同様に3歳で有馬記念を制したグラスワンダーやシンボリクリスエスになれるかどうか、というディープにとっての試金石であり、某ゲームで言うところの「限界突破」の一戦なのだ。
 よって、その夢と希望、そしてそれによってもたらされる感動に1票を投じたい。
 すなわち、本命はあくまでもディープインパクトである。
 有馬記念は「夢を買うレース」なのだから。

◎ディープインパクト
○デルタブルース
▲ゼンノロブロイ
△リンカーン
×タップダンスシチー
注スズカマンボ

 今年は以前にも書いたとおり指定席に当選しているため、何も朝一で行く理由もないのだが、現地の興奮に早く身を委ねたいので、このあと午前5時過ぎの始発電車で出発することにする。
 大一番はガラス張りの屋内ではなく、下に降りて見たいが…多分無理だろう、大混雑で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.23

[ゲーム]久々に新作ソフトのお買い物

 年末も押し迫ってきた今日この頃、久々に新作ゲームソフトを2本購入。

●メタルギアソリッド3サブシスタンス(コナミ・PS2)

 おなじみ「メタルギアソリッド」シリーズの最新作「3」にさまざまな新要素を加えた完全版。
 今回の最大の目玉がオンラインモードで、インターネットを通じて見知らぬプレイヤー同士が対戦できる。
 1ステージ最大8人での無差別バトルから、チーム同士での対戦、特定の標的の攻防など多彩なモードでのマルチプレイを、なんと参加費(月額料金等)無料で楽しむことが出来る。
 先ほどからずっとプレイしているが、思わず時間を忘れるほど。
 勿論プレイヤーはスネークでもなんでもない一兵士なので、殺られる時も呆気ないが、時間いっぱいあるいは決着が付くまでは何度でも復活できる。
 惜しむらくは、ゲームとゲームの間の入退室が出来ず、退室するときも次のゲームが始まってからでないと出来ないところと、他プレイヤーとのコミュニケーションを取る手段が乏しい(チャット機能が簡素すぎる、ロビーチャットが出来ないなど)ことだが、まあ無料だし限界もあるだろう。
 なお、自分は参加せずに他のプレイヤーの対戦を観戦することも可能。気分は剣闘士の試合を観戦する古代ローマの王様?

 オンラインモード以外でも、「MGS3」の完全版(今回は日本語音声)や、往年の名作MSX版「メタルギア」「メタルギア2ソリッドスネーク」の収録、更には本編のデモシーンだけをひたすら鑑賞できるディスクまで同梱した超お買い得のパッケージとなっている。
 もともとの「3」を楽しんだ人も、「1」「2」までの人もプレイする価値があるといえよう。

●ハドソンベストコレクションVol.3(ハドソン・GBA)

 ハドソンがファミコン時代の名作ソフトをGBAにそのまま移植して発売する、いわば「ハドソン版ファミコンミニ」の第3弾。
 このVol.3には「チャレンジャー」と「迷宮組曲」が収録されている。特に「チャレンジャー」は思い入れのあるタイトルで、原作FC版も所有しているものの、今回のGBA移植が待ち遠しかったほどだ。
 どちらも「ファミコンミニ」同様、GBAの画面サイズに合わせたアレンジが施されており、「チャレンジャー」のクジラ出現など、裏技などもほぼ全て再現されているのだが…。
 プレイしてみて、どういうわけかBGM・SEの音質が異常に悪いのが気になった。挙句の果てにノイズまで乗っているし…「ファミコンミニ」ではありえなかった現象だが、移植の手法が違うのだろうか?
 今回収録されている2本とも、BGMに定評があった作品だけに残念なところである。
 あと、セーブ機能がないところも。特に「迷宮組曲」はプレイが長時間になるだけに欲しかったところだ。

 なお他の5タイトルの収録内容は次の通り。
*Vol.1:ボンバーマン・ボンバーマンII(発売中)
*Vol.2:ロードランナー・チャンピオンシップロードランナー(発売中)
*Vol.4:ナッツ&ミルク・バイナリィランド・サラダの国のトマト姫(発売中)
*Vol.5:スターフォース・スターソルジャー・ヘクター’87(1月19日発売)
*Vol.6:高橋名人の冒険島1・2・3・4(1月19日発売)

 1月に出るVol.5も買うつもりでいたけれども、今回の音質問題を考えるとどうするか…「スターソルジャー」は「ファミコンミニ」で持っているだけに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.22

[社会]国内重大ニュースランキング

●国内重大ニュースランキング インターワイヤードが「2005年の国内重大ニュース」ランキングを発表

> 【ライブドア・ニュース 12月21日】−
>  インターワイヤード(本社・東京都品川区、斉藤義弘代表)は21日、
> 「2005年の国内重大ニュース」のランキング調査結果を発表した。
> 男性と女性に順位の違いがあったものの、
> 「耐震強度偽造」「自民党圧勝」「子どもに対する凶悪犯罪」というキーワードが上位3位をしめる結果になった。

 今年もいろいろなことがありました。
 このランキングだけ見てみると、あまり明るい話題はなかったのかなあという印象を受ける。
 耐震強度偽装や、JRの脱線事故のように、行き過ぎた利益追求が引き起こした事件・事故も多かった。
 さらに、これも利益追求のひとつの形だが、企業買収や合併なども多かった。
 最近株価も上がってきているが、また「世の中銭や」的な時代がやってくるのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.20

[プロ野球]球団名に地域名を入れる動きが加速

●「所沢ライオンズ」誕生へ(報知新聞) > 西武の本拠地、埼玉・所沢市議会が、19日に開かれる議会で、
> 球団名に「所沢」を冠するよう求める請願を、全会一致で採択する見込みであることが18日、分かった。

●ヤクルト 来季から球団名に「東京」(スポーツニッポン)
> ヤクルトが来季から球団名に地域名「東京」を入れることを決めたことが14日、分かった。
> 19日に開かれる実行委員会で球団名の変更を正式に申請する。

 良いことなのでは。
 我が地元千葉ロッテをはじめ、北海道日本ハムや福岡ソフトバンク、東北楽天などが地域密着型球団として大成功を収めているだけに、こういう球団が増えることはプロ野球とその周辺地域双方にとって大きなプラスになるのではないか。
 「東京」となると、記事中にもあるが読売(巨人)との兼ね合いも出てくるが、あちらは以前「TOKYO」をばっさり切り捨てた(ビジターユニフォームの表示を「TOKYO」から「YOMIURI」に変えた)くらいだし、サッカーでの件もあるから、ハナっから地域密着なんて考えてないだろう。

#「読売ヴェルディ」なんて名前も今となっては懐かしい

 ぜひこの2つの案件が承認されて、地域とともに生きる球団が増えることを願いたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.19

[天気]この冬一番の寒さ

●この冬一番の寒さ 各地で大雪のおそれ=気象庁

 こちら関東地方では天気こそ良かったものの、冷たい風が強く吹き、外では過ごしにくい陽気だった。
 テレビで見ていた競馬でも、中京競馬場が午前中こそ晴れ間も見えたものの午後になって大雪となり、午後2時過ぎの9R以降が中止になってしまった。

 明日も寒くなるのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.18

[グルメ]秋葉原名物おでん缶

●真空管から「おでん缶」へ「おでん缶」がアキバで最もホットなアイテム(ライブドア・ニュース)

 最近なかなか秋葉原に足を運ぶ機会もないのだが、以前は時々買って道端で、あるいは持ち帰って自宅で味わったものである。
 秋葉原の食事環境、特にファーストフード系が今ほど充実していなかった頃は、こんなものでもご馳走だったのだ。
 9月22日にコンビニおでんの話を書いたが、それとはまた違った、独特の味わいがあるこのおでん缶。
 今度秋葉原に行ったら久々に食べてみようかな。

 「日刊アップル川越街道新座店。」様の記事によると、埼玉県新座市のドラッグストアでも販売されているらしい。

●天狗缶詰株式会社
●【楽天市場】おでん缶:e−缶詰屋 こてんぐ
 通販でも購入できるが、こちらも完売が続いているようだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.12.16

[スポーツ]オリックス仰木前監督が死去

●[訃報]仰木彬さん70歳=前オリックス監督

 野茂やイチロー、田口といった大リーガーを送り出し、近鉄・オリックスを人気球団に押し上げた名将だった。
 特に、イチローはこの人と出会わなければ、大リーグどころか、あのまま「鈴木一朗」として無名のまま野球人生を終えていたのかもしれない。
 10.19、がんばろうKOBEなど名シーンも数多く演出してきた。
 変わり行く球界を、まだまだ見守って欲しい人物だったのだが…合掌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.15

[ゲーム]Xbox360、早くも次世代機発表?

 一部のニュースサイト(毎日新聞など)が報じたのだが、来年にもXbox360の新型モデルが出るとか何とか…。
 現時点で、元記事は消えてしまっているので、全文貼り付ける。

<Xbox360>HD規格の次世代機を来年発売 米MS社 (毎日新聞)

 米マイクロソフトは14日、10日に日本で発売したゲーム機「Xbox360」で、HD―DVD(HD)規格の次世代DVDを使う新型機を、来年にも発売する方針を固めた。ライバルのソニーは、ブルーレイ・ディスク規格を使う「プレイステーション3(PS3)」を来春発売する予定で、ゲーム機の分野でも次世代DVDの規格競争が起きることになる。
 現在の「360」はDVDを採用している。だがPS3に対抗し、より大容量で高精細のゲームソフトを動かせるようにするためには、次世代DVDは不可欠と判断した。米マイクロソフトが以前から支持を表明しているHDを採用する。
 出版社のエンターブレイン(本社・東京)によると、「360」の発売後2日間の販売台数は6万2135台で、惨敗した初代機の12万台を下回っている。人気ソフトの発売が年末に延期になったためと見られる。【谷口崇子】

[毎日新聞12月14日]


 HD-DVD搭載はいいんだけど、大切なのはソフトラインナップの強化では。
 昨日の記事の繰り返しになるが、少なくとも今のラインナップでは、例えHD-DVD搭載になったとしても、Xbox360に食指は伸びない。
 まして、こんな発表を今のうちからしてしまっては、ただでさえ苦戦中の現行360に、さらに買い控えの動きが起きてしまうのでは。
 PS3がブルーレイを載せて一気にスタンダード化を図るというので、とりあえず対抗してみようというのだけれども…果たして意味があるのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.14

[ゲーム]Xbox360出足低調

●Xbox360出足低調、人気ソフト発売延期響く(読売新聞)

 やはり、ソフトの弱さと、先行発売されたアメリカ版でのトラブルが評判を下げているのかも。
 購入者特典の「FF11」のベータテストもあまり盛り上がっていないようだし(少なくとも身の回りのプレイヤーの間では参加者0人)、自分自身もさすがに「FF11」のためだけに買おうとは思わない。
 かといって「DOA」も興味ないしなぁ…よっぽど魅力的なソフトが出ない限り購入することはないだろう。
 それは、PS3などにも言えることだが。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.12.13

[グルメ]論争・はしでカレー…学校給食4割スプーン使わず−富山

●論争 はしでカレー 学校給食4割スプーン使わず(富山新聞)

 自分の時は原則的に先割れスプーンで、給食末期になって、ご飯メニューの日だけ箸が登場した世代だった。確かご飯は週1回くらいだったか。
 しかしいくらなんでも、カレーライスまで箸で食わせるというのはいかがなものか。
 そば・うどん屋のカレーライスだってスプーン出してくれるはず。適材適所というものがあるのでは。

> ”はし派”の小学校長が「はしでもカレーは食べられる」と強調すれば、
> 保護者からは「はしでカレーは、やっぱり変」との声が上がるなど、ちょっとした”給食論争”になっている。

 ジェンダーフリーだの社会科教育だのもそうだけど、最近教育現場で過激な思想が流行りすぎてはいないか。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005.12.12

[競馬]朝日杯フューチュリティステークス・香港国際競走が終わって

●朝日杯FS・レース結果

 結局現地入りはせず自宅でグリーンチャンネル観戦。
 終わってみればフサイチリシャールが理想的な走りで2歳王者戴冠。
 5番人気スーパーホーネットが突っ込んできて2着に。内田博幸騎手は今日2勝と冴えまくっていた。
 ジャリスコライトは直線伸びを欠いて3着。引っかかってた上、デザーモ騎手が鞭を落としたらしい。更に2件の審議対象。何と言うか…。
 ショウナンタキオンは4着までで、田中勝春騎手待望のGI奪取とはならなかった。

 このレースの後、自宅の用事で出かけたため、香港国際競走の生中継を見ることが出来ず、あとで結果とグリーンチャンネルの再放送をチェック。
 ハットトリックの香港マイル優勝は見事だった。
 一方香港ヴァーズでのシックスセンスは2着。つくづくこの馬(まだ1勝馬である)は生まれた世代が悪かったとしか言いようがない。

 さあいよいよ2週間後。
 若き英雄が世界を震撼させるか。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.12.11

[競馬]朝日杯フューチュリティステークス

●朝日杯FS・レース情報

 中央のGIレースの中でもとにかく堅い決着になる傾向があるこのレース。
 特に1番人気馬の信頼度は群を抜いていて、過去10年で8連対。1番人気と2番人気では同じく過去10年で3回決まっているが、逆に1番人気と穴人気、特に4番人気の活躍が目立つ。
 現時点での1番人気はジャリスコライト。究極のオールラウンダーとして大暴れしたアグネスデジタルの弟で、前走も見事な勝ちっぷりだった。中山に変わってどうかという向きもあるが、素質で乗り切るのではないだろうか。
 新潟2歳Sを快勝したショウナンタキオン。鞍上が目下GI連敗記録トップの田中勝春騎手だというのが不安だが、もし極端な早熟でもなければ上位争いは確実だろう。田中騎手に待望のGIなるか。
 相手にはフサイチリシャール、スーパーホーネット、ディープエアーあたりを狙ってみたい。

 明日は見に行くつもりだったが、どうするか迷っている。
 というのも、以前書いた通り今週は有馬記念の前売入場券の発売があるので足を運ぶつもりでいたのだが、なんと以前応募した指定席に当選。指定席当選者は、当日専用の窓口で入場券を購入できるため、わざわざ前売入場券を購入する必要がなくなったのである。
 とはいえ、来年のカレンダーの配布などもあるし、2歳戦とはいえGIもあるので、見に行きたい部分もあるのだが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.10

[スポーツ]2006年サッカーW杯の組み合わせまもなく決定

●W杯組合せ抽選、日本の対戦相手は?(livedoorニュース)

 果たしてどんな組み合わせになるんだろうか。
 出来るだけ、強豪と当たらない組み合わせになるといいのだが…。

 2002年の興奮をもう一度!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.09

[雑記]もしも3億円を手に入れたら

●【ファンキー通信】実録! 3億円を当てた男!

 ロト6で3億2千万円を当てた人の実体験レポートが書かれているけれども、やはり人生が変わってしまうようだ。
 もし3億円が転がり込んできたら、自分なら何をしようか…。
 一気に物欲が爆発しそうで恐ろしかったり。

 ちなみに、仮に3億円を今度の有馬記念で全額ディープインパクトの単勝に突っ込んだところで、1.0倍元返しになってしまうだけである。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.12.08

[グルメ]なか卯の牛丼

●株式会社なか卯・公式サイト

 米国産牛肉解禁が迫り賛否両論分かれているが、米国産牛肉禁輸後はオーストラリア産牛肉で牛丼を提供している「なか卯」の牛丼を食べる機会が今日あった。
 肉の味や歯ごたえなどは全く問題なかったのだが、具の中に椎茸が入っているのが非常にマイナスだった。
 店内のポスターなどを見るに、それが売りらしいのだが…椎茸抜きって出来るのだろうか。

 そういえば、初期の吉野家の豚丼も、ごぼう臭くて苦手だったなぁ。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.07

[雑記]身近なところに…

 今日、仕事の用事でとある場所へ行ったのだが、そこで話をしていて「あの建物なんだか分かります?」と、先方の担当者が窓の外の1棟のビルを指差した。
 分からない、と答えると、その担当者は…

「…話題の姉歯物件ですよ」

 なるほど、帰りに近くまで行ってみると「グランドステージ○○○」という名前のマンションで、今回の問題物件リストにも上がっている。
 姉歯事務所・ヒューザー・イーホームズが全部関わっている。

 見た目きれいなマンションで、都内で駅にも近く便利な場所…しかしここも解体の予定になっているとのこと。
 こんなことになってしまうとは、住人の皆さんもさぞ残念なことだろう…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.06

[企業]ライブドアが日本経団連入会

●[経団連]ライブドアの入会了承

> 日本経団連は5日の会長・副会長会議で、ライブドアの入会を了承した。

 ライブドアや堀江社長って、こういう政財界の巨大既存権力に風穴を開けようと牙をむく姿勢が共感を呼んでいたと思うんだけどねぇ。
 まして今の経団連のドンのトヨタ・奥田会長のやり方=非正規雇用増加による人材使い捨てと、極限までコストダウンを図る超効率主義が、現在の見せ掛けだけ株価だけの景気回復を呼んでいるようなものなのに。

 それとも、堀江社長の政界への足がかりにでもするのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005.12.05

[競馬]阪神ジュベナイルフィリーズが終わって

●阪神ジュベナイルフィリーズ・レース結果

 勝った馬の名前がテイエムプリキュア…その筋の人にとってはたまらない名前かもしれない。
 この名前がGIの歴史に残るし、おそらく引退後にはグリーンチャンネルで「栄光の名馬たち」(GIホースのデビューから引退までのレースをまとめて放送する番組)も作られることだろう。
 ある意味、今日の結果は歴史的である。

 アルーリングボイスは案の定沈んだ。不利もあったようだけれども…。
 コイウタは善戦するも6着。まだ馬が若いのか。

 来週は牡馬の(今は牝馬も出られるが)2歳チャンピオン決定戦。
 ショウナンタキオンは田中勝春に13年ぶりのGIをもたらしてくれるのだろうか?
 あと、来週は有馬記念の入場券の発売であり、また毎年恒例の無料カレンダーの配布日でもある。
 早めに観戦に行かなくては。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.04

[競馬]阪神ジュベナイルフィリーズ

●阪神ジュベナイルフィリーズ・レース情報

 2歳戦は難しいので基本的にはあまり買わないのだけれども…一応予想をば。
 ここまでに既に4勝を挙げているアルーリングボイスが注目されている。
 使いすぎの印象もあるが、素直に本命視しても良いのではないか。
 ただ、このレースそのものと武豊の相性が悪い(2歳=旧3歳牝馬限定戦になって以来14年で1-0-1-12)が…。

 対抗にはコイウタ。前走京王杯2歳Sで牡馬相手の差のない3着なら、実力は上位。鞍上が鞍上だけに2着はあるだろう。
 そのほか、フサイチパンドラ・プラチナローズ・テイエムプリキュアなども面白そう。
 もともと波乱傾向のレースだけに、アルーリングをあえて外して買うのもありかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.03

[社会]米国で1000人目の死刑執行、最後の食事はステーキ

●米国で1000人目の死刑を執行=N・カロライナ州(AP/ライブドア)
●米の死刑執行1000人目に=最後の食事はステーキ(時事通信)

 死刑云々はともかくとして、人生最後の食事か…。
 もし、人生最後の食事として、好きなものを好きなだけ食べられるとしたら、何を食べようか。
 ステーキも悪くはないが、行きつけのあの店のトンカツ定食もいいし、あっちの店のラーメンも捨てがたい。あそこの店のしょうが焼き定食もいいな。

 でも、やっぱり最終的には、母親の手料理かも知れない。
 今は毎日食べられるけど、いつかは確実に食べられなくなる日が来る…。
 もっと感謝しなくては。

●日本の死刑はこのように執行される(知識の泉 Haru’s トリビア様)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.02

[テレビ]NHK紅白歌合戦の出場者決まる

●2005年紅白歌合戦出場者決まる(NHK)

 このところ紅白自体ほとんど見ていないし、今年の大晦日は都内で年越しイベントに参加予定なのでまず見ることは出来ないわけだけれども…。
 少なくともリストを見る限り、あまり魅力的な顔ぶれでもなさそうだ。
 小林幸子の衣装(というか舞台装置)は気になるけれども…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.01

[雑記]殺してやりたい相手

●杉浦幸「殺したい人いた」

 人間誰しも、憎ったらしい相手、法さえ許せば殺してやりたい相手というものはいるものだ。
 自分自身だって、数え切れないほどいるわけで。
 もし「殺してやりたい相手なんていない」なんて人がいたら、よっぽどの聖人かよっぽどの馬鹿かどちらかだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »