« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005.11.30

[社会]小嶋社長ら“責任逃れ”の答弁・衆院国土交通委で参考人質疑

●小嶋社長ら“責任逃れ”の答弁 衆院国土交通委で参考人質疑

 昨日の記事の続き。
 生では見られなかったので、テレビのニュースで見た範囲内での印象を言うならば、どいつもこいつも責任のたらい回しに終始し、真相を明らかにする気がさらさらないとしか言いようがない。
 ヒューザーの社長は相変わらず感情的になって怒鳴ってるし…もしかして、木村建設の社長ともども計画倒産でなあなあにしようと企んでいるのでは?
 そうでもなかったら、住民へのマンションの買戻し率を106%から急に103%に下げたりはしないだろう。

 とりあえず、参考人招致では手ぬるいので、今度は偽証罪のある証人喚問でやってはどうなのか。
 勿論、今回欠席した建築士も呼んで。
 これは国民生活に関わる問題なのだから、それくらいしても異論はあるまい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.11.29

[社会]ヒューザー社長の下衆な本性

●ヒューザー小嶋社長、最悪の言い逃れ 「阪神大震災では家がつぶれてもおとがめなかった」

 阪神大震災の時点では、耐震設計が行き届いていなかった建物が多く、その結果多くの建物の倒壊を招いたというのは事実だろう。
 だからといって、今回のような手抜き工事を正当化していいはずがない。
 あれから何年たっていると思っているのだ。技術も進歩したはずだ。
 天災と人災は違う。

●小嶋社長放送禁止用語連発

 挙句の果てに逆切れ、かっこ悪い。
 よくそんな幼稚な性格で経営者がやって来られたな。

 もしかしたら、このあともっとでかい不正が明らかになって、この社長に手錠がはめられる日が来るのかも知れない。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.11.28

[競馬]ジャパンカップが終わって

●ジャパンカップ・レース結果

 平成2年にホーリックスとオグリキャップの壮絶な叩き合いの末生まれた2分22秒2の(当時の)世界レコード。
 それが破られる日がこんなに早く来ようとは、一体誰が予想できただろうか。

 直前の気配や馬体重を見て急遽買い足したタップダンスシチーがまんまと単騎逃げに成功。
 速いペースで後続を引っ張り、直線に入ってもかなりのリードを保っていたかに思われたが、そこに襲い掛かるゼンノロブロイ。
 あっという間にタップを捕らえて抜け出しにかかるが、更に内からデットーリのアルカセットが競りかけてくる。
 そこに、斜行すれすれ(実際審議にもなった)の抜け出しでハーツクライが飛び掛り、アルカセットと並んだところがゴール。
 スローVTRの時点ではあわや同着か、とも思わせるほどの微妙な着差で、凱歌はアルカセットに上がった。
 タイムはホーリックスの記録を0.1秒縮める2分22秒1。

 前日のJCダートともども、実に見ごたえある素晴らしいレースだった。
 特に今日のJCの迫力と、デットーリ・ルメール・デザーモの3騎手が見せてくれた素晴らしい追い比べ。
 2002年に中山で行われたJC・JCダートを生観戦し、連日のデットーリ・マジックに酔いしれた記憶が甦ってくるようだった。
 無理してでも両日現地で見るべきだったか。

 これで今年の中央競馬も年末開催を残すのみ。
 今年は有馬記念が8年ぶりの入場規制になるので、その前売入場券の発売される朝日杯フューチュリティSの週にも足を運ばなくては。
        ・
        ・
        ・
 余談となるが、今日の中山では献血の受付をやっていて、最終レースが終わって帰る前に立ち寄ったのだが、我々庶民は普段入れない馬主専用ロビーが受付と採血後の休憩場所になっていて、ちょっと貴重な体験だった。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2005.11.27

[競馬]ジャパンカップダートが終わって/ジャパンカップ

●ジャパンカップダート・レース結果

 ジャパンカップダートはカネヒキリ・シーキングザダイヤ・スターキングマンの壮絶な叩き合いの末、ゴール寸前で一瞬抜け出したカネヒキリが栄冠をつかんだ。
 一昨年のアドマイヤドンとフリートストリートダンサーのそれと同じかそれ以上に見ごたえのあるレースだった。
 今日はテレビ観戦だったが、もし生で観戦していればもっと興奮できただろう。
 惜しむらくは、カネヒキリと叩き合った2頭が馬券上ノーマークだったことか。

●ジャパンカップ・レース情報

 さて芝のJC。
 昨年の覇者にして、現役古馬最強を誇るゼンノロブロイに注目が集まるが、素直に連軸でいいと思われる。
 日本馬の相手はリンカーン、サンライズペガサス、ヘヴンリーロマンス、アドマイヤジャパンあたりを。
 外国馬は、実績上位のバゴ・ウィジャボード、鞍上魅力のアルカセットは押さえておきたい。
 コスモバルク、タップダンスシチーは涙を呑んで消し。
 タップは同型のストーミーカフェもいることで得意の単騎逃げが難しそうであること、バルクは能力そのものの低下が気になる。

 明日は中山でのんびり観戦。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.11.26

[競馬]ジャパンカップダート

●ジャパンカップダート レース情報

 昨年はJRA創立50周年を記念して、芝のJCと同日開催を行ったJCダートだが、今年は再び土曜・日曜の分割開催に。
 お祭りムードはやや薄らいだが、それでもJCウィークが華やかであることに変わりはない。

 さてまずはJCダート。
 やはりここは国内のダート戦線を戦い抜いてきた一線級に分があると見る。
 本命はサカラート。前走JBCクラシックでは小回りに泣かされていまいちだったが、広い府中なら持ち味は生きるだろう。鞍上にあの名手・デットーリを迎えたのも心強い。
 対抗は今年のダート界を席巻したカネヒキリ。前走の負けはあくまで出遅れによるもので問題外と見るが、2100mという距離がどうなのか。
 その下にJBCの覇者・タイムパラドックス。
 その他アジュディミツオー、スターキングマンなども押さえてみたい。
 外国馬は思い切って全消しでも良さそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.25

[社会]一級建築士の耐震診断書偽造事件

[耐震偽造]「生活のために」安全性の問題認識 姉歯聴聞会

 どうやら問題の一級建築士が、建築業者側に強く迫られて診断書を書き換えた、と証言しているらしい。
 建築業に限らず、製造業でも他の業種でも、顧客ないし上役から無謀なまでのコストダウンを要求されることは少なくない。
 自分自身も、職務上それを要求される側として何度も頭を悩ませたことがある。
 しかし、今回のケースは直接安全に関わってくる部分であり、決して偽りがあってはならない部分のはずだ。
 ケースこそ違うが、JR西日本の福知山線脱線事故でも、安全のために決して手を抜くべきではない部分で手を抜いたからあのような大惨事が起きたわけだ。
 あるいはトラック業界なども、異常なまでの運賃値下げ+スピードアップ要求で、ドライバーの労働環境の悪化や事故・トラブルの多発などが起きていたりするわけだ。

 この建築士の言い分が正しいかどうかは分からない。
 ただ、あらゆる業界において、最低限の一線を越えたコストダウン要求が現実としてまかり通っていることは確かであり、それは本来あってはならないことであるということを知らしめることになったという点では、今回の事件が明るみになったことの意味は大きいだろう。
 もちろん、一部の建物のように急遽取り壊しが決まり、せっかく手に入れた我が家を失うことになってしまう人々にとっては本当に気の毒でしかないのだが…。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.11.24

[ゲーム]Xbox360、北米で発売

●米マイクロソフト「Xbox 360」、イーベイで約30万円の高値も=人気ゲーム争奪戦

 アメリカでは先代のXboxも対PS2で善戦していただけに、今回も好調な出だしのようだ。
 12月10日に発売される日本では果たしてどうなるか。
 今回は、日本での先代の時よりも強力なソフトが投入されるらしいが、果たして。

 ちなみに当方は見送り。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.23

[社会]ゲームし過ぎで高校生死亡「突然泡吹いて倒れた」

●ゲームし過ぎで高校生死亡 「突然泡吹いて倒れた」

 以前もこんな事件があったような。
 「FF11」などでもいわゆる「廃人」と呼ばれる層が1日中ログインしてレアアイテムに張り付いたりしているけれども、それこそ健康状態などは大丈夫なのだろうか。
 食欲とか睡眠欲とか、あるいは性欲(失礼)とかもあるだろうに。

 何事も程々が肝心、ということなのかもしれない。
 ましてゲームなんてものは人生を捧げてまでするものではないと思うが。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.11.22

[競馬]マイルチャンピオンシップが終わって

 1日遅れで失礼。
 デュランダルまさかの轟沈…思わず言葉を失った。
 原因は一旦何なのだろうか。新聞などでは、ハイペースに食らい付けなかったのではなどとあるが、個人的にはパドックや返し馬が妙におとなしかったのが気になった。
 だが、上がりの脚はメンバー中最速だったらしいので、やはり前が速くなり過ぎたせいなのだろうか…?
 いずれにせよ、再起を望みたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.20

[競馬]マイルチャンピオンシップ

 先週、強烈な追い込みでスイープトウショウにエリザベス女王杯をもたらした池添騎手が、今週はデュランダルを駆って2週連続のGI勝利、そして3年連続のマイルCS勝利を目指す。
 おそらく追い込ませたら世界一の切れ味を誇るであろうデュランダル、外側の枠順もよく、よっぽどのことがない限り勝利は揺るがないだろう。
 一方、3歳マイル女王として殴り込みをかけるラインクラフトだが、打って変わって最内枠。馬群に包まれる心配はなさそうだが、それでも3歳牝馬の力ではデュランダルの牙城を崩すことは難しいか。
 あとは鞍上魅力のハットトリック・マイネルハーティー・アルビレオあたりも狙ってみたい。
 基本はデュランダルの1着固定でよいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.19

[競馬]来年のレーススケジュール

●ヴィクトリアマイル新設で春6週連続G1(日刊スポーツ)
●平成18年度競馬番組等について(JRA)

 春の東京に古馬牝馬のマイルGIが新設。
 春の古馬牝馬の明確な目標が出来たことは評価したいが、これで来年は春の府中でGIが5週連続開催に。
 バランスを取るためにも、NHKマイルあたりの時期変更とか、あるいは関西への移設なども検討してはどうか。

 他には、短距離路線の拡充が大きく盛り込まれている。
 北九州記念がスプリント戦になったことは賛否が分かれそうだ。メイショウカイドウはそれでも出て来るのだろうか?
 冬に新設される「阪神カップ(GII)」の名称はなんとかならなかったのだろうか。
 以前噂になった阪神古馬1400mGIの代わりのレースのようだが、名前が地味過ぎないか。
 「阪神記念」とかのほうがよいと思う。

 地元・中山関連では、春の3歳短距離重賞として親しまれたクリスタルカップが廃止、その代わりに従来特別戦だったオーシャンSを古馬のスプリント重賞としてGIIIに格上げ、夕刊フジの社杯もこちらにスライド。
 一方、フラワーカップから時事通信社杯が消滅、いくつかの古馬重賞が国際レースになるなどの変化が見られる。

 かなり大掛かりな改革路線を打ってきた今回の番組編成。
 ローテーションなどがどう変わるかも見ものというところ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.11.18

[社会]新聞社系サイトに読者がシフト、主要新聞の発行部数も減少

●新聞社系サイトに読者がシフト 主要新聞の発行部数も減少

 確かに、最近は携帯電話やPDA、ノートパソコンなどと通信手段などがあれば、移動中でも最新のニュースをチェックできる時代だったりする。
 速報性・即時性という点では、ネットはあらゆる報道メディアに勝る。

 かといって、新聞が完全に淘汰されるとは思わないが。
 ネットとは逆に、正確性・保存性などはこちらに利がある訳で。
 落ち着いた場所で読むには、やはり新聞のほうがよい。

 …というところにこんな記事が。

【ファンキー通信】トイレ専用新聞!?

 空気清浄機能を持つ新聞紙だとか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.17

[スポーツ]松井秀喜選手、ヤンキースと再契約=4年契約で62億円

●<松井秀喜>ヤ軍と再契約合意 4年、総額5200万ドル
●松井秀喜選手、ヤンキースと再契約=4年契約で62億円

 理想の職場環境とは、この3つに集約されると思う。
 正当な評価をしてもらえること。必要としてもらえること。そして、自分らしく振舞えること。
 この3つを満たしているのが、松井選手とヤンキースの関係なのだろう。
 正直言ってうらやましい。

 来シーズンも、どうかすばらしい活躍を。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2005.11.16

[社会]紀宮さまご結婚、一般市民・黒田清子さんに

●紀宮さまご結婚 皇室離れ民間人に
●[紀宮さま]黒田さんと挙式 新生活スタート
●[地震]北海道、東北、関東で震度3=午前6時39分

 さすが地震娘!
 新しい門出の当日となった今日も、朝から地震を連れて来てくれました。しかも津波のおまけ付きで(苦笑)
 過去のデータからして、紀宮様が何かアクションを起こす前後3日が危ないみたいなので、とりあえず今週一杯は警戒が必要かと。

 …冗談はともかく、これで紀宮様も一般市民であり、肩書きは主婦・黒田清子さん(36)となるわけだ。
 将来は、旦那様と一緒に秋葉原の新築マンションに住むとも言われているが…。
 この黒田夫人、実は以前からヘビーなアニメファンで、今日の挙式のドレスも「ルパン三世・カリオストロの城」のヒロイン・クラリスをイメージして選んだとか何とか、テレビのニュースで友人が語っていた。
 皇居でアニメ雑誌を定期購読していたほどとも言うだけに、秋葉原の街との相性も良さそうである。
 アキバのオタク系ショップにふらりと現れたりしたら…ぶったまげるだろうなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2005.11.15

[スポーツ]WWEのエディ・ゲレロ急逝

●WWE公式サイト・特集ページ(英語)

 友人の勧めでスカパーでWWEを見るようになってもう3年近くなる。
 最近は一時期ほど熱心に見ることは少なくなったものの、それでも「ロウ」や「スマックダウン」の時間になるとチャンネルを合わせることが多い。
 そんな中、今朝飛び込んできた「エディ・ゲレロ急逝」のニュース。
 ラテン系の明るいキャラクターで元気にリングを駆け回っていたはずの彼が突然…思わず言葉を失った。
 新日本プロレスで活躍していた時期もあり知名度も高く、WWEの来日公演でも多くのファンの声援に包まれていたエディ・ゲレロ。
 その喪失感は計り知れない。

 WWEの現地での開催・収録と、日本での字幕付き放送までは3週間のラグがある。
 来週・再来週と、「スマックダウン」の番組の中で生前のエディのファイトが映し出されるのだろう。
 しっかりと記憶に残しておきたい。

 合掌。

※余談だが、自分の「FF11」でのシーフのマクロに仕込んだ台詞は、エディ・ゲレロをイメージしたものである。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.11.14

[競馬]エリザベス女王杯が終わって

 今日の関東地方は久々によい天気だったので、車を出して南房総方面をドライブ。
 しかしそれでも競馬のことは忘れられないのが悲しい性、エリザベス女王杯は車を止めてしっかりチェック。
 一応カーナビなんぞが付いている車なので、テレビ機能を使って。
 PATでも購入するも、残高が少なかったことを忘れてあまり手を広げられず、馬複でスイープからオースミハルカ、エアメサイア、ヤマニンアラバスタへ流したのみ。

 4コーナーを立ち上がったところではオースミハルカのセーフティリードのように見えたこのレース。
 しかしスイープトウショウの豪脚がわずかに勝っていた。残り10mのところできっちり差し切ってGI3勝目。
 3連覇のかかっていたアドマイヤグルーヴも3着と大健闘。
 一方の3歳馬エアメサイアは5着まで。

 来週、同じ池添騎手を背に出走するデュランダルのそれに負けず劣らずの強烈な末脚。
 今日はパドックや本馬場入場でも非常に落ち着いていたようだし、いよいよこの馬も円熟期を迎えたということか。
 文字通りの女帝誕生、とでも言うべきか。

 情報によると有馬記念には出ないで来年まで休養とのことだが、有馬でディープやロブロイに果敢に挑戦状を叩きつける様子も見てみたかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.13

[競馬]エリザベス女王杯

 3歳馬と古馬の混合戦になって10年目を迎えるこのレースだが、このところ3歳馬が好走するケースが多くなっている。
 今年も1番人気は、先の秋華賞を勝った3歳馬のエアメサイア。
 鞍上の武豊騎手にとって同一レース5連覇がかかっていることも人気を後押ししているようだ。
 一方、宝塚記念を勝ち、先の天皇賞でも好走した古馬牝馬の大将格・スイープトウショウが2番人気に。

 本命にはスイープトウショウを指名する。
 先の天皇賞でも露呈した致命的な気性難も有り、スタンド前発走となるこのレースでも不安は隠せないものの、素直に実力を発揮できれば現状この馬に勝てる牝馬は(今回出ないシーザリオやラインクラフトを含めて)いないだろう。
 対抗には現在3番人気のヤマニンアラバスタ。
 右回りや京都への輸送がどうかと言われているが、おそらく不安はないのではなかろうか。
 エアメサイアは3番手、ついで3連覇のかかるアドマイヤグルーヴ。
 逃げ粘りの期待できるオースミハルカ、さらに穴目で行くならレクレドール、ウイングレットなども面白そう。

 もしかしたら、有馬記念でディープインパクトにその刃を向ける存在が、このレースから出てくるかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.12

[事件]町田女子高生殺人、同級生の男子生徒を逮捕

●[町田女子高生殺人]同級生の男子生徒を逮捕

 同級生しかも元の交際相手の犯行となったこの事件。
 何せ50箇所以上もめった刺しにされていたということだから、相当な怨みがあったのだろう。
 だとしても…他のはけ口はなかったのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.11

[グルメ]1食10万円のステーキ

●[恐喝]高級ステーキを同僚におごらせ逮捕

 事件の内容はともかく、1人前10万円のステーキって…と思って調べてみたら、本当にあるらしい。

●大田原牛・大黒屋総本店
*別格超吟撰貴腐BMS12ステーキセット(ライス・サラダ付き)100,000円〜
*別格超吟選貴腐BMS12コース(手造りオードブル、ステーキ、ガーリックライス、デザート付き) 105,000円〜

 よくテレビでも紹介される名店らしい。
 ファミレスの1000円クラスのステーキでもそうそう食べる機会はないというのに、0が2個多いなんて!

 生肉の状態でも売っているものの…
*大田原牛超BMS12超吟撰完熟貴腐ロースステーキ 内容量:180〜200g 1枚100g当単価:31,500円 通販価格:63,000円

 霜降りも霜降り、ほとんど真っ白で焼いたらほとんど溶けてしまうのではないかと思うほど。
 さぞおいしいのだろうし、食べられる牛自身も「我が牛生に一片の悔い無し」なんだろうけれども…果たしてこんなの一体誰が食べるんだろうか?
 今回の犯罪者は別としても、例えば芸能人とか、あるいはホリエモンクラスのエグゼクティブでもないとなかなか口には出来ないのではなかろうか。

 生きているうちに1回食べてみたいところだけれども…100万馬券でも取らなければ無理かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.10

[海外]人気DJが生放送中に…?

●米ラジオ局ホストが妻を毒殺 メディア関係者に衝撃

> 米ミズーリ州の州都ジェファソンシティにあるラジオ放送局で今月7日朝、
> 生放送中にホスト役の男性が、妻を毒殺した疑いで逮捕された。
> スタジオ内に現われた捜査官たちに驚くスタッフを尻目に、その男性が言い残した言葉は、
> そばにいた同僚に「(ちょっと仕事を)カバーしてくれるか」だった。

 ドラマの「古畑任三郎」で、桃井かおり扮する人気DJが、生放送中で曲がかかっている間に外で待っていたマネージャーを殺害。何食わぬ顔で戻ってきて、古畑に追及されながらも最後まで番組を終わらせる、という話があったのを思い出した。
 あの時のDJは放送終了後に連行されたが、今回は生放送中に逮捕。
 ラジオの前のリスナーは呆気に取られたのではないだろうか。

 普段から自室でも移動中でもラジオをつけていることが多いが、もし自分の聴いている番組でそんなハプニングがあったら…?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.09

[雑記]なぜ領収書を書いてもらうとレシートが渡されない?

●なぜ領収書を書いてもらうとレシートが渡されない?(日刊ゲンダイ)

 確かにそうだ。
 何回か備品を買ったりするのに、会社名で領収書を切ってもらったことがあるけれど、確かにレシートは回収されていた。
 単純に、レシートの代わりに手書きの領収書を発行するからかなと思っていたけれども…。

 よくドラマなんかで出てくる、白紙の領収書を防ぐ目的もあるんだろうか。 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.11.08

[グルメ]冬のチキンラーメンは土鍋で

●冬のチキンラーメンは土鍋で 日清食品がチキンラーメンとひよこちゃん土鍋のセットを限定発売

 これは風情があって良さそう。小さな土鍋もかわいらしいし。

 お湯をかけて3分待って食べるのがチキンラーメンの基本だけど、鍋でゆでて具などを入れるとまた違った味わいがあるものだ。
 21日に発売されたら、早速試してみるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.07

[社会]女人禁制の大峰山で女性ら3人が登山強行「問題提起がしたかった」

●女人禁制の大峰山で女性ら3人が登山強行「問題提起がしたかった」

 ソースが朝日新聞であること、平にご容赦を。

 毎年2月になるとどこかの知事が相撲の土俵に上がらせろと大騒ぎするが、それと今回のケースは、共に自己満足のための暴力行為でしかない。

 自分たちの文化をアピールするならば、その相手の文化や姿勢・見解を最大限に尊重すべきだ。
 まして、今回地元住民は対話に応じる姿勢を見せているではないか。
 それを受け入れずにただ自分の主張をわめき散らして、あげく強行突破なんて馬鹿げていないか?

 今回の大峰山の場合は、記事にもあるが1300年もの信仰の歴史と伝統に裏打ちされているものだ。
 ましてここは修行の場であり、この集団のようにハイキング感覚で登るべき山ではない。
 相撲だって同じ、歴史と伝統に基づくそれなりの理由がある、修行の場としての女人禁制な訳だ。
 それを部外者が踏みにじる権利は皆無であり、今回のこの集団の行為は明らかな文化に対する挑戦であり、テロリズムといってもいいだろう。
 バーミヤンの古代の仏像を爆破して回ったアフガニスタンのタリバンと同じである。

 世界には男子禁制の場所だっていっぱいある。
 この集団はそれに対しても「問題提起」してくれるんでしょうか?

#して欲しくもないが。男子禁制だってそれなりの理由があるのだから

 この集団に、しかるべき神罰が下ることを。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.06

[スポーツ]ジェフユナイテッド市原・千葉、ナビスコカップ優勝

●<J1>千葉、ガ大阪を降し初V PK戦制し ナビスコ杯(毎日新聞)
●ジェフユナイテッド市原・千葉公式応援ブログ

 本当におめでとう!
 残念ながらスケジュールの都合により、国立に行くことも、テレビで観戦することも出来なかったが、スポーツニュースなどでその壮絶なまでの死闘ぶりを見た。
 日本サッカー史に残る名勝負といっても過言ではないだろうか。
 優勝したジェフはもちろん、相手のガンバの選手たちも含めて全身全霊で戦う姿が輝かしかった。

 こちらも足を運ぶことは出来なかったが、国立での熱戦を終えたジェフのメンバーが、その足で市原臨海競技場へやってきて、集まったサポーターの前で優勝報告をしたとのこと。
 今後メインスタジアムとなるであろうフクアリではなく、臨海で優勝報告…本当に有り難いことだ。
(フクアリはまた今度試合があるからなのかも知れないが)

 Jリーグになって初めてのビッグタイトル。だがこれで終わりではない。
 ジェフの歴史はここから新しいページを刻む。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.11.05

[IT]携帯電話、首掛けはオジサン?

●携帯電話、首掛けはオジサン? メール転送会社が年代別アンケート

> 携帯電話の所持方法では、20代は「ズボンのポケット」が41.4%とトップだった。
> 30代、40代では、「カバンの中」がともに3割以上を占め1位だった。
> 「ネックストラップで首から掛ける」は全体で4.8%。
> 30代では6.9%、40代では5.4%だったが、20代ではわずか1.2%と低かった。

 自分はズボンのポケット(左前側)に突っ込む派。首からはさすがに掛けないねぇ…肩がこりそうで。
 50代半ばの我が母親はバッグの中に突っ込んでたりする。

 ところで、このニュースの表題だと30代=おじさんということなのだろうか!?
 そういえば、以前とあるコンビニで、前で支払いをしていた小学生が落とした小銭を拾ってやったら「おじさん有難う」といわれたことがあった…。
 背広着てたから余計にそう見えたのだろうか?
 …まだ20代だった時の話ですがね(号泣)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.11.04

[自動車]二輪車ETC募集一時停止 応募殺到、5千台突破

●二輪車ETC募集一時停止 応募殺到、5千台突破

 ハイウェイカード廃止の記事は以前ここでも書いたが、それによって一番不便をこうむるのが二輪車。
 そこで、二輪車用のETCが開発されてテスターを募集したところ応募が殺到…と。

 これも以前に書いたけれども、電車でいうところのSuicaみたいなお手軽なシステムは導入できないのだろうか?
 我が家のようにそう頻繁に有料道路を利用しない層などは、ETC付けるだけでも割高だし、何と言っても新たに専用のクレジットカードを作らされるのが厄介である。
 Suicaのような前払い式ICカードなら、機器を買う必要もないし、ICカードだから偽造にも強いはずなのだが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.03

[社会]米国産牛肉輸入再開「反対」54%

●[米国産牛肉]輸入再開「反対」54% 毎日新聞世論調査

 年内にも解禁の方向で粛々と進んでいる米国産牛肉の輸入解禁だけど、現状を見る限り反対せざるを得ないのが実情だろう。
 かなりいい加減なチェック体制だし、何よりも外圧に負けた姿勢が見え見え。
 これで万が一、禁輸解除後の米国産牛肉を食べてBSEが発症したら、食品会社や政府はどういう責任を取ってくれるのか。

[すき家]米国産牛肉使用せず 輸入再開の動きを批判

 疑わしきは使用しない…この姿勢には好感が持てる。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005.11.02

[事件]母親毒殺を図り静岡の女子高生逮捕

●[殺人未遂容疑]母に劇物 女子高生を逮捕 静岡
●[静岡母親毒殺未遂]女子高生、食事にタリウム混ぜる
●[静岡劇物事件]女子高生、ブログに母の容体 猫使い実験も

 ミステリー小説にでも出てきそうな事件だ。
 某ゲームの理系ヒロインじゃあるまいし、その才能を他の事に生かせればよかったのにね。

 それにしても、そんなに簡単に毒物が入手できるとは。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2005.11.01

[テレビ]ホリエモンは本当に頭がいいのか?

●ホリエモンMRI&IQテスト結果TVで初公開

> 東大中退ホリエモンは、本当に頭がいいのか?
> こんな企画にのっかって、ライブドア・堀江貴文社長(33)がこのほど、
> 脳の磁気共鳴画像装置(MRI)検査とIQテストを受け、結果をテレビで初公開することが30日、分かった。
> 番組は、フジテレビのバラエティー「学問の秋スペシャル たけしの日本教育白書」(11月12日午後9時)。

 堀江社長という人は実に頭の切れる人だから、さぞかし興味深い結果が出るのだろう。
 戦国武将で例えるならば、やはり織田信長タイプか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »