« [集中連載・FF11問題提起]まとめ・現状を見つめ直し、前向きな姿勢で | トップページ | [企業]ライブドアとフジサンケイグループを巡る一連の動き »

2005.02.15

[FF11]次回バージョンアップにおけるジョブ関連仕様変更

 集中連載は終わったけれどもまた「FF11」の話題で失礼。

 今日、公式サイトの開発チームレポートで発表された、次回バージョンアップでのジョブ関連仕様変更の概要。
 その中で個人的にツボだったのがこの2点。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
○盾の仕様変更
盾の仕様を従来の「盾発動=攻撃をかわす」から「盾発動=被ダメージ減」に変更する予定です。この変更により、装備している盾が防御力のみならず、盾の発動率やダメージカット量に影響を与えるようになります。この変更によって、盾の発動率は大幅にアップします。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 ようやく被ダメージカット機能が付くことになった模様。
 例えば、高性能な盾ほどカット割合が大きくなったりするということなのか。
 今までの「盾発動=攻撃を交わす」ではなくなる分ダメージそのものを受ける回数は増えるかもしれないが、ダメージ値のカットの分と、盾発動率アップの分を重ねていくと、相対的には被ダメージ減少につながるのかも知れない。
 これにより、盾を一番使いこなせるナイトが恩恵を受けることは勿論のこと、盾を装備できる戦士・シーフなどにもその恩恵がもたらされるかも知れない。
 「片手武器戦士=サポ忍で二刀流」ばかりでなく、例えば片手斧・剣と盾などという組み合わせも一般化するかもしれない。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
○侍について
侍のジョブアビリティ「心眼」の効果を調整します。更に侍専用の新規ジョブ特性追加も予定しております。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 「心眼」は、以前の空蝉仕様変更のとばっちりを受けて効果がやや下がったばかり。
 例えば攻撃を見切ると同時にカウンター効果が発動するなど、もっと使い勝手の良い技能になるといいのだけれども…。
 新規ジョブ特性は一体なんだろう。
 受け流し効果アップとかだと嬉しいかも…まさにチャンバラのごとく刀で敵の攻撃を交わしまくるなんていい感じなのでは。
     ・
     ・
     ・
 昨日も書いたけれども、前向きな姿勢で待つことにしよう。

|

« [集中連載・FF11問題提起]まとめ・現状を見つめ直し、前向きな姿勢で | トップページ | [企業]ライブドアとフジサンケイグループを巡る一連の動き »

コメント

今回はすごくいい感じの報告ね。
相変わらず暗黒は現状維持。
ネタアビでもいいから40ぐらいで何か覚えさせてくださいっ!
前衛なのに30でアビ全部習得なんて悲しすぎるぅ♪

と言うか、最近やっと「メーカーが不利益を被る事」だけじゃなく、
「メーカー・ユーザー共に不利益なこと」への修正が始まったと思いません?
800アカウント抹消との事だけど、これが焼け石に水にならないよう今後もその毅然とした態度で対処していかないとね。

個人的にグッ!と思ったのはバニシュに関する記述。まぁ、私が思ってたほどにはならないけど、
ちょっと予想が当たってうれしぃな♪

というか、暗黒に盾スキルを下さい・・・。
常に携帯してるのに未だスキル22ってあーた。
暗黒に盾スキルあっても誰も困らないじゃないかぁ!

ん・・・・さりげなく赤強化・・・?

投稿: みどり | 2005.02.15 18:15

 今回の800アカウントオーバーの一斉BANといい、こまめなアップデート情報の提示といい、ここにきてメーカー側の方針転換が少しずつ見えてみたのは事実ですね。
 もしかしたら、それなりの対応に転換せざるを得ないような状況(おそらく、ユーザーの純増率の低下、それどころか純減が始まったか)が、具体的数字として見えたのではないでしょうか。

投稿: Memorin@Cerberus | 2005.02.17 00:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52754/2933179

この記事へのトラックバック一覧です: [FF11]次回バージョンアップにおけるジョブ関連仕様変更:

« [集中連載・FF11問題提起]まとめ・現状を見つめ直し、前向きな姿勢で | トップページ | [企業]ライブドアとフジサンケイグループを巡る一連の動き »