« [集中連載・FF11問題提起]モンスターの異常に高い攻撃力を見直せ | トップページ | [集中連載・FF11問題提起]ジョブ設計とサポートジョブシステムを徹底的に見直せ »

2005.02.11

[集中連載・FF11問題提起]レベル制限エリアの存在価値を見直せ

 「プロマシアの呪縛」拡張ディスクの不評の理由のひとつに、進入すると指定されたレベルに引き下げられてしまうエリアの存在がある。
 というか「プロマシア」新エリアの大半はこのレベル制限エリアとなっている。
 レベル制限エリアに入るためには、当然そのレベルに対応した装備品を用意しなければならないし、行く先は当然に一人では太刀打ちできないモンスターばかりなので人手も必要となる。
 そのため、そのほとんどがいわゆる「死にエリア」化しているのが現状だ。

 もちろんレベル制限エリアにもメリットはある。
 仕様上、通常レベルの離れた知人と一緒にプレイできる機会が限られるこのゲームだが、レベル制限エリアなら一緒のレベルでプレイすることが出来る。
 最近、レベル制限エリアでの取得経験値計算式の見直しが図られたことで、その気になれば一緒に経験値を手にすることも出来る。
 だが、前述のような装備品準備の問題などもあり、またいわゆる「200点」が取れるわけでもないので、敬遠されているのも現状である。

 レベル制限エリアの有効活用のために、次の案を提案したい。

●レベル制限エリアに、制限前の装備品を身につけたまま入ることが出来るようになりました。
 但し、装備可能レベルと、制限レベルとの差に比例して、装備品の性能が引き下げられます。

 例えばLV75から装備出来る装備品を身につけてLV40エリアに入ると、40/75で53.4%の性能に。
 LV60装備でLV40制限なら40/60=66.7%の性能で使用できる、という感じである。
 これはあまりにも乱暴な計算式だからもっと違うものがあってもいいけれども。

 例えば、ナイトのAF装備・ガラントサーコート(LV60〜)。
 通常の性能は「防47 HP+20 VIT+4 神聖魔法スキル+5 敵対心+2」となっているところ、LV40制限エリアに入ると66.7%の性能になるので「防31 HP+13 VIT+3 神聖魔法スキル+3 敵対心+1」のような性能で使えるようにする、というものだ。
 当然ながら、数値の明記されていない「○○効果アップ」などの効果も同じ割合になる。
 参考までに、ブレストプレート(LV40〜)は「防32」である。

 他の装備品全てをここで検証するわけにも行かないが、この案なら多少はレベル制限エリアが身近なものにならないだろうか。

|

« [集中連載・FF11問題提起]モンスターの異常に高い攻撃力を見直せ | トップページ | [集中連載・FF11問題提起]ジョブ設計とサポートジョブシステムを徹底的に見直せ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52754/2880767

この記事へのトラックバック一覧です: [集中連載・FF11問題提起]レベル制限エリアの存在価値を見直せ:

« [集中連載・FF11問題提起]モンスターの異常に高い攻撃力を見直せ | トップページ | [集中連載・FF11問題提起]ジョブ設計とサポートジョブシステムを徹底的に見直せ »