« [事件]「盗んだ大金、川に捨てた」6千万円空き巣の容疑者が供述 | トップページ | [集中連載・FF11問題提起]的外れな批判 »

2005.02.06

[集中連載・FF11問題提起]セルビナ機船での出来事について

 セルビナ−マウラ間の機船航路といえば、二つの町を結ぶ連絡船としての役割のほか、多くの釣り客が腕試しをする人気スポットでもある。
 しかし、そんな船旅も、時には海賊の襲来、またあるときは強力なモンスターの出現などと一瞬にして危険なエリアに早変わり。

 海賊襲来は、まだ音楽が変わるなどの予告があるので、危険なレベルのPCは船倉に逃げ込んで難を逃れることが出来る。
 問題はモンスター出現のケース。
 特に危険なのが、強力なNM・シーホラーが出現している場合。
 航路の途中で出現するのであればまだ逃げる余地はあるものの、出航直後から出現していて、知らずに甲板に出たところを襲われる、などという事故例も少なくない。

 このような単純事故ならまだいい。問題はこういう事例である。
 最近、シーホラー出現を見越して「スニーク」をかけて甲板に出る釣り客も少なくないが、彼らの一部で、シーホラーを発見しても周囲に知らせずに、自分だけ「スニーク」で安全に釣りをしているというものだ。
 当然、誰も知らせないものだから、他の乗客が知らずに甲板に出てシーホラーに襲撃されるケースが確実に発生する。

 この事例に出くわして、スニーク組に抗議したことがある。
 出航時点でシーホラーが出ていて、犠牲者も出てしまった。
 なぜ先に発見したはずのあなた方が知らせなかったのか、と。
 当然返事など返ってこなかったわけだが。

 一言「/sh ホラーいます」だけでもいい。
 海外組も考えるなら「/sh seahorror」だけでもいい。

 もう少し他人を思いやる気持ちがあってもいいのでは、と思った一件だった。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 ご意見等お待ちしております。

|

« [事件]「盗んだ大金、川に捨てた」6千万円空き巣の容疑者が供述 | トップページ | [集中連載・FF11問題提起]的外れな批判 »

コメント

この件に関しては、私は中立ですね。

理由は、そういう人間が存在するという事がむしろリアリティーに繋がると思うのです。

悪意を持って妨害する事は許されざる行為だと思いますが、
気が利かない人はどこにでもいるもので、
「気を利かせろ!」というのは現実でも身内にしか言えないし、言ってもらえないのです。

つまり気が利く気が利かないっていうのはその人の育ちなので、
新規参入の方々には優しく丁寧に教えてあげないといけませんネ。

投稿: みどり | 2005.02.07 12:15

 なるほど、確かに仮想空間もひとつの社会の縮図ですからね…
 たまたま今回はそういう人間に出会った、ってことなのでしょうか。

投稿: Memorin@Cerberus | 2005.02.08 03:07

はじめまして。

わたしも以前は、発見したら/emなり/sayなりで警告していました。
でも、その警告に対し、感謝の言葉をいただいたことがありません。
シーホラーが去ったあと、いなくなりましたと言った途端に甲板に出てきた人たちがいて、その人たちからもやはり何の言葉もなかったことがあり、馬鹿らしくなってあまり警告しなくなりました。

警告するかどうかは単に発見者の善意であって、期待するものではないと思います。
冒険者たるもの、自分の身は自分で守るべきはないかと。

投稿: ねこ | 2005.02.08 11:17

ねこさん>
 ごもっともなご意見ではあります。
 そのあたりは、「FF11」のコミュニティの閉鎖性とも関わって来るんでしょうけど…。

投稿: Memorin@Cerberus | 2005.02.09 01:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52754/2819190

この記事へのトラックバック一覧です: [集中連載・FF11問題提起]セルビナ機船での出来事について:

« [事件]「盗んだ大金、川に捨てた」6千万円空き巣の容疑者が供述 | トップページ | [集中連載・FF11問題提起]的外れな批判 »