« オークス/東海S | トップページ | 日本ダービー »

2003.05.30

[ゲーム]ひとつの時代が終わる

 任天堂が今日、今年9月いっぱいでのファミコン・スーパーファミコンの生産終了及び、長年継続されてきたファミコン用ディスクカードの書換サービスの終了を発表した。
 時間の流れとはいえ、これでひとつの歴史が終わる。

 ファミコンは1983年7月15日に、後継機のスーパーファミコンは1990年11月21日にデビュー。
 それぞれ1回ずつのモデルチェンジを経て、特にファミコンは20年に渡って生産が続けられ、2002年度だけで6万台も販売されていたそうである。

 ここをご覧の方のほとんどはファミコン世代かも知れない。
 「ゼビウス」「スーパーマリオ」「ファミスタ」「ゼルダの伝説」そして「ドラゴンクエスト」「ファイナルファンタジー」などをリアルタイムで楽しんだ方も多いはずだ。
 ファミコンのやりすぎで両親にソフトやACアダプタを隠されたり。
 高橋名人に触発されて高速連射を練習したり。
 新しいソフトを買ってもらうために、テストの点数アップだの、毎日の家の手伝いだのと条件交渉したり。
 それぞれのファミコン時代の思い出がきっとあるはず。

 さて、我々はいつまでファミコンで遊び続けることができるだろうか。
 9月に生産が止まるわけだが、基本的にこういった電気製品の補修用性能部品は、生産打ち切り後数年間は保有しなくてはならないはず。
 少なくともその間は、故障しても修理を受けることは出来るだろう。
 その期間が切れたあとも、部品が底をつくまでは大丈夫だろうし、今までの任天堂のサポート体制からしてかなり長期の対応が期待できる。
 それらを考えると10年は大丈夫な気もするが、相当な思い入れを持つ方などは今のうちに新品ハードを確保しておいて、将来の予備機として保存するのも一興かも知れない。

 もっとも、自分の場合現在の愛機はあのツインファミコン(シャープ)。
(連射機能付きの後期型。ディスクドライブベルト交換済み)
 こちらはとっくの昔にサポートも打ち切られているわけだが…。

 多くの夢と思い出を与えてくれたファミコン・スーパーファミコン。
 出来ることなら、将来自分の子供たちにも遊ばせてやりたいものだ。

|

« オークス/東海S | トップページ | 日本ダービー »

コメント

静岡県在中
1976(51)生まれ
160 50 AB
顔は 本人が 宮沢りえ 大林素子
顔は水谷リカに似ている
谷所真由美は胸がない

投稿: 谷所真由美 | 2013.01.24 16:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52754/6782720

この記事へのトラックバック一覧です: [ゲーム]ひとつの時代が終わる:

« オークス/東海S | トップページ | 日本ダービー »