« 2003年4月 | トップページ | 2003年6月 »

2003.05.30

[ゲーム]ひとつの時代が終わる

 任天堂が今日、今年9月いっぱいでのファミコン・スーパーファミコンの生産終了及び、長年継続されてきたファミコン用ディスクカードの書換サービスの終了を発表した。
 時間の流れとはいえ、これでひとつの歴史が終わる。

 ファミコンは1983年7月15日に、後継機のスーパーファミコンは1990年11月21日にデビュー。
 それぞれ1回ずつのモデルチェンジを経て、特にファミコンは20年に渡って生産が続けられ、2002年度だけで6万台も販売されていたそうである。

 ここをご覧の方のほとんどはファミコン世代かも知れない。
 「ゼビウス」「スーパーマリオ」「ファミスタ」「ゼルダの伝説」そして「ドラゴンクエスト」「ファイナルファンタジー」などをリアルタイムで楽しんだ方も多いはずだ。
 ファミコンのやりすぎで両親にソフトやACアダプタを隠されたり。
 高橋名人に触発されて高速連射を練習したり。
 新しいソフトを買ってもらうために、テストの点数アップだの、毎日の家の手伝いだのと条件交渉したり。
 それぞれのファミコン時代の思い出がきっとあるはず。

 さて、我々はいつまでファミコンで遊び続けることができるだろうか。
 9月に生産が止まるわけだが、基本的にこういった電気製品の補修用性能部品は、生産打ち切り後数年間は保有しなくてはならないはず。
 少なくともその間は、故障しても修理を受けることは出来るだろう。
 その期間が切れたあとも、部品が底をつくまでは大丈夫だろうし、今までの任天堂のサポート体制からしてかなり長期の対応が期待できる。
 それらを考えると10年は大丈夫な気もするが、相当な思い入れを持つ方などは今のうちに新品ハードを確保しておいて、将来の予備機として保存するのも一興かも知れない。

 もっとも、自分の場合現在の愛機はあのツインファミコン(シャープ)。
(連射機能付きの後期型。ディスクドライブベルト交換済み)
 こちらはとっくの昔にサポートも打ち切られているわけだが…。

 多くの夢と思い出を与えてくれたファミコン・スーパーファミコン。
 出来ることなら、将来自分の子供たちにも遊ばせてやりたいものだ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2003.05.26

オークス/東海S

 競馬ファンにとって1年でもっとも楽しい季節、それがこの時期。
 まずはオークス、3歳牝馬の頂点を決めるレース。
 土曜日の重賞・目黒記念の普通馬複4020円を、仕事場でのIPAT購入でゲットした勢いで今日のレースに挑んだ。
 場所はいつものパークウインズ中山競馬場。
 到着後最初のレースとなった東京9Rを、堅いながらも3連複でゲットしたものの、10Rは2着がノーマーク。
 オークス(東京11R)より先に発走を迎えた新潟11Rでは2着3着を食らうわ、東海S(中京11R)では4頭ボックスの1頭が故障で競走除外、さらにまた2着3着と悔しい取りこぼしが続く。

 そして迎えたオークス、今回は祖母・母・子の3代オークス制覇のかかったアドマイヤグルーヴを軸に据え、新型マークカードで楽に買えるようになった軸1頭流しで挑んだ。
 相手には桜花賞馬のスティルインラブ、「府中のトニービン」メモリーキアヌ、前年の2歳チャンピオンピースオブワールドら6頭を選択、計15通りの買い目となった。
 しかしレースはアドマイヤグルーヴが桜花賞に引き続きまたも出遅れ、さらに折り合いを欠いたあげく、最近の武豊の悪癖・後方タメ殺しまで炸裂(7着)。
 前回に引き続き、またも軸が飛ぶ始末となった。
 2着・3着もノーマークの馬が来て結果は大荒れ。
 かろうじて1着・スティルインラブの単勝が当たったものの、記念馬券のつもりなので払戻の対象外。
 昨日とは打って変わって久々の大惨敗となった。

 帰り際、入場ゲートに張られていた今回のオークスのポスターに気付く。
「改めて、競馬は愛と知りました」
 愛、か…。
 サイン読みとかはやらない主義だけど、今回ばかりはやられた…。

 さぁ来週はダービー。
 いっちょ現地まで乗り込むか? 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003.05.19

凄い人の乗った車と擦れ違う

 このところ日記というより週記になっているような気がするが…それはさて置き。

 今日の午後は車で出かけていた。
 その行路の途中、東金市内の国道126号線を千葉方面へ走っていたときのこと。
 先ほどから沿道に警官がうようよ。
 それどころか、反対側の車線に車の姿がないうえ、沿道には自元住民が大集結。
 何事だ? そう思いながらも車を走らせていると、その車列はやって来た。
 前と後ろを白バイやパトカーに護衛された高級車。
 窓を開け沿道に手を振る車内の人物の顔を、擦れ違いざまにはっきりと見た。
 その人物は…天皇陛下だった。
 どうやらこの行事に参加された帰りだったようだが、方向からして銚子方面にでも向かわれたのであろうか。

●両陛下迎え全国植樹祭、6600人が参加 千葉・木更津
http://www.asahi.com/national/update/0518/009.html

 なかなか貴重な体験をしたものである。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003.05.12

NHKマイルカップ

 前回書いたテレビの故障、翌々日にいきなり直った。
 これでもうしばらくは使い続けられる。

 今日は3歳馬のマイルG1・NHKマイルカップがあった。
 しかしちょっとした用事のために、今回は自宅観戦となる。
 お茶菓子つまんでグリーンチャンネル見て、新聞片手にPATで投票。

 例年と違い大混戦模様の今年、これは荒れると判断。
 今日はピルサドスキーの近親で、4戦3勝2着1回の超素質馬・ヒューマを軸に吸え、気になる馬6頭に流した。
 しかも、いわゆる「3連複軸1頭流し」で。

 現状、JRAの3連複を流しで買うためには、軸馬を2頭決めた上でないと購入することが出来ない。
 だが、24日からは流しマークカード1枚で買えるようになる。
 手広く行きたい、でもボックスでは点数が増えすぎる、かと言って2頭軸までは絞りきれない、あるいは確固たる軸が1頭決まっている。
 そんなときには重宝する買い方だ。
 ちなみに今回は1頭軸に6頭へ流すわけだが、例えば同じ7頭の3連複でも、ボックスだと35通り買うことになるのに対し、1頭軸6頭流しなら15通りで済む。
(ちなみに普通馬複・ワイドの7頭ボックスは21通り) 
 もっともPATではまだそのシステムは出来ていないので、通常通り1通りずつ入力していかなくてはならないのだが。

 で、レースのほうは大荒れに荒れた。
 直前に降った雨のせいか、それとも上位人気馬の過大評価が原因か。
 1番人気だったゴールデンキャストは馬群に沈み、同じ父親で9番人気のウインクリューガーが勝ち、2着・3着が5番・6番人気となり、馬複・馬単・3連複とも万馬券決着。
(2着になったエイシンツルギザンには流していたのだが…かすったとは言えない)
 ウインクリューガーとゴールデンキャストの父親はタイキシャトル。
 ちょうど自分が競馬場へ行き始めた頃圧倒的な強さを発揮した、短距離のスペシャリスト。
 引退レースとなったスプリンターズSは生で見た。

 いつも予想情報を交換し合っている大阪の友人からは、9頭ボックスから3着馬が抜けて3連複を落としたと連絡が。
 なかなかうまくいかないものである。

 いよいよオークス、そしてダービー。
 新しい東京コースの傾向と対策をきっちり把握する必要がありそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003.05.06

連休最終日の過ごし方

 長いようで短かった5連休、その最終日。
 車を出してぶらぶらと流す。

 その途中で、いつもの「黒いジャンク屋」こと「千葉中央鑑定団」に立ち寄る。
 暇つぶしにはいい場所だ。
 流石に休日ということもあり店内は大盛況、適当に売場を見て回る。
 そんな中、ゲームコーナーに積まれた「ファミリーベーシック」の箱に目が行った。
 お値段は1980円。ネットオークションでもこの位はする。
 適当に1箱を抱えレジへ。
 以前、この店で買ったソフトの中身が違っていた事件があったことから、清算前に係員に中身のチェックを依頼した…すると!
 何と驚き、箱はボロボロながらも、中身は未使用品!
 発売から19年経つ品物なのに、まさか未使用品があるとは。
 「千葉中央鑑定団」の運営会社の本業がゲームショップだけに、そこのデッドストックだったのか?
 迷わず購入したのは言うまでもない。

 しかし事件はそのあと起きた。
 帰ってからさっきまで適当にいじくり回し、ちょっと席を外すためテレビの電源を切ろうとしたら…切れない!
 リモコンの電源スイッチでも、本体の主電源でも切れない。
 電源を切るにはコンセントを抜くしかない。
 91年製、12年モノのこのテレビもいよいよ故障か。
 修理してまだ使うか、それとも買い換えか。
 しかし、地上波アナログ放送開始へのリミットを考えると今買い換えるのはもったいなくないか。
 しばし熟考が必要なようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003.05.05

天皇賞・春

今日は京都で天皇賞・春(G1)が行われた。
しかし流石に京都まで見に行くことは難しいので、それなら新装オープンの東京(府中)へ行こうか、と考えていた。
しかし午前中にどうしてもこなさなくてはならない用事が出来、それを済ませてからだと府中入りが困難に。
仕方なく、今回はいつもの中山での観戦と相成った。

2週間前に春の開催が終わり、いわゆる「パークウインズ」としての営業が始まった中山。
場内に入ると、7ヶ月間持ち堪えた芝コースの修復作業が始まっていた。
きっと9月の開催では緑一色の綺麗な芝コースを見られることだろう。

場内で友人と待ち合わせ、東京9Rから観戦。
いきなりの競走除外による返還を食らった上、残りの目は外れ。
10Rは穴男・江田照のマジックが久々に炸裂、これも外れ。

いよいよメインレースである。
天皇賞、実績と鞍上からダイタクバートラムの軸は堅い、ただ2着もありうると判断。
バートラムから普通馬複で7頭に流した。

レース結果は御存知の通り。
実は勝ったヒシミラクルにも、2着のサンライズジェガーにも流していたのだ。
逃したタテ目が万馬券(馬複11-14・16,490円)。
仮にバートラムとの3連複で勝っても万馬券(11-12-14・12,300円)。
これほど悔しい結果はない。

#ちなみに土曜の青葉賞もタテ目を食らっていた

余談だが、京都で現地観戦していた別の友人はしっかり3連複を取ったとのこと。
結局その後新潟メインと東京最終だけ当てる。

レース終了後は一緒に観戦した友人と秋葉原で買い物。
その後帰宅する。

生涯2度目の万馬券を取り逃したのは全く持って残念。
この教訓を次回以降に生かさなければ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003.05.02

5連休初日

とり立ててすることもなく終日ダラダラと過ごす。
こういう時でないと見られないテレビ番組(主にCS)などを見ながら。

明日は車でも出してどこかへ出かけようか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003.05.01

今日から5連休

今日(5/1)から5連休のスタート。
今どきメーデーが休日になるような会社に勤めているもので今日(5/1)は休み。
で、3・4・5日の3連休に、2日を有給でゲットしての5連休。

さて、何をしようか。
積みゲーでも片付けようか…?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2003年4月 | トップページ | 2003年6月 »