« 2002年5月 | トップページ | 2002年8月 »

2002.07.28

謎の鑑定団グループを追え

 先日のこと、地元というにはやや遠い、千葉市は浜野の国道16号沿いに「千葉中央鑑定団」という超巨大中古ショップがオープンした。
 ゲーム・CD・マンガ・おもちゃなど店内いっぱいに積み上げられ、あるいは吊るされている様はまさに圧巻。
 もはや秋葉原もブックオフも要らない!? と思わせるその品揃えに、思わずSFCソフトなどを大量に買い込んでしまったくらい。

 以前から「浦安鑑定団」の存在は知っていた。
 地下鉄東西線の浦安駅からかなり歩いた大通り沿いにあり、千葉中央同様(もっと凄いかも)いろいろと販売されている。
 最近ではこの店と、駅近くの「トクジロー」とをセットで月1回くらい視察したりする。

 で、この「鑑定団」グループを調べていくと、いろいろなことが分かってきた。

●千葉中央・浦安のほか、東金・千葉北(千葉)・宇都宮(栃木)・富士・藤枝(静岡)が存在する
●東金鑑定団紹介サイト:http://chiba4u.com/01/kantei/ 他店も大体こんな感じ
●前出「トクジロー」の別働隊? 「トクジロー」の値札付きの商品が多数

 この他、是非情報求む。

 今度軍資金をたっぷり持って、県内4ヶ所の「鑑定団」グループ(浦安・千葉北・千葉中央・東金)襲撃ツアーでもやってみようかと思う今日この頃だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002.07.27

10数年ぶりの新車

 …といっても自分の車ではないのですが。
 明日(土曜)、我が家に新車がやってくる。
 その車とはこれ
 それまで使っていたのが約12年落ちのこれ(当然形は違う)だったことを考えるとものすごい環境の変化である。

 そんなわけで、せっかく今日(金曜)休みだったこともあり、旧車最後のドライブをと南房総へ繰り出したのでした。
 自宅を出て、木更津-館山-鴨川-勝浦-茂原と房総半島を半周。
 なかなかの好天に恵まれて、気持ちのいいドライブを楽しむことが出来た。

 明日、新車と引き換えに車屋に引き取られたあとはおそらく鉄くずと化すだろうこの車。
 いざとなるとさびしいものがある。

 …さて、新車に早く慣れないとな(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002.07.18

[競馬]コンドルは飛んでいった

 エルコンドルパサーがこの世を去ったと、グリーンチャンネルの速報で知った。
 彼が勝った98年のジャパンカップを現地へ見に行った記憶が思い出される。
 2回目の東京競馬場遠征だった。

 1回目の東京競馬場遠征は、その年の秋の天皇賞だった。
 本格的に競馬を始めたのがこの98年。
 普段中山競馬場をメインに観戦している自分が、初めて東京競馬場へ行き、初めて指定席に座り、初めて見た生のG1レース。
 そう、サイレンススズカが壮絶な最期を遂げたあのレースだった。

 そのサイレンスとエルコンが、その前のレースで1・2着。
 今でも「伝説の毎日王冠」「G1.5」などと語り継がれる98年の毎日王冠。
 サイレンス・エルコンに加え、前年の2歳チャンピオン・グラスワンダー(自分が今でも一番好きな馬だ)が揃い踏み。
 グラスかエルコンかの的場騎手の究極の選択。
 G2の日に10万人以上の観衆。
 G2のファンファーレに合わせて轟く手拍子と大歓声。
 レースの中身もまさに圧巻だった。
 自分はこのレースをテレビで見て、天皇賞当日の府中入りを決意したのだった。

 そんな凄いレースの1・2着馬がもうこの世にいないとは。
 さっきこのレースのビデオを見て、不覚にも感極まってしまった。
 父親が逝った夜も平気な顔でチャットに出ていたこの自分が、だ。

 とにかく残念でならない。
 3世代残った産駒に、エルコンのパワーが極限まで受け継がれていることを期待する。
 特に、こちらも好きだったメジロドーベルとの間に生まれた牝駒には注目していきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002.07.11

台風が来た

 自分の住む地域に台風6号がやってきた。
 つい先ほど上陸したらしい。

 あーあ、もうちょっと遅く、明日起きる頃最接近してくれて、電車が止まってくれれば、「合法的に」仕事をサボれたのに。

 台風で思い出すのが昨年9月に来たそれ。
 あの日は日中にこのあたりを直撃して、当時勤務時間内だったため会社内にいても、すごい音がしたもの。
(勿論この時も、来襲のタイミングを恨んだのは言うまでもない。
 もうちょっと遅ければ、きっと「合法的に」早退出来たはず)

 結局通常通り帰宅して、その日の夜テレビで台風関連のニュースでも見ようと思ったら…あのアメリカ同時多発テロ発生。
 ニュースからは台風のたの字も無くなってしまった。

 さて…これで明日の合法的休暇の目はなくなったな…。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002.07.07

雑記

 とあるニュース系CS放送局に出演している、自分の好みのタイプの女性キャスターの年齢を知って、激しく落ち込んだ夜。

 以上。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002.07.04

幕張に呪われて

 夕刻、定時退社後所用のため船橋方面へ移動。
 その帰りのこと…乗っていた総武線各駅停車が幕張本郷でストップ。
 ひとつ先の幕張でポイント故障発生、運転再開見通し立たず、とのこと。
 併走する京成電鉄への振替輸送で帰途へ。

 思えば、去る5月27日のこと…
 その日は日本ダービー、中山競馬場で馬券を買いレース観戦したのち都内方面に移動するも、その帰途の京葉線快速が海浜幕張で信号機故障でストップ、足止めを食らったなんていう事件もあった。

 海浜幕張に幕張本郷。
 わたしは幕張に恨まれる筋合いはないぞ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002.07.03

スターソルジャー

 現在、当方と同じ20代後半の方なら、きっと「スターソルジャー」というゲームをご記憶のはず。
 とにかく連射こそ命の縦スクロールシューティングゲーム。
 あのゲームと高橋名人に触発されて、連射の練習をしたなんて方も多いことだろう。
 自分などは今でも1秒間11発以上出せる自信はある。
(というか、たった今出した…懐かしの連射測定時計で計測)

 わたしにとって「スターソルジャー」は今でも最高傑作縦スクロールシューティングである。
 今でもファミコンを取り出してたまにプレイするくらいだ。

 そんな「スターソルジャー」が携帯電話で遊べることは知っていたので、先日携帯をiアプリ対応機に機種変更したこともあり早速ダウンロードしてプレイしてみたのだが…。
 あれを「スターソルジャー」といったら、当時のキャラバン小僧たちは激怒するだろう(苦笑)
 もともとiアプリ版ということで本格的なものは期待していなかったけれども、それにしても「スターソルジャー」の魅力が何もかも失われてしまっている。
 何と言っても連射がない。3方向・5方向パワーアップもない。
 ボタン押しっぱなしで弾は出るものの、単発でちょろちょろ出るのみ。しかも、斜め移動している間は弾が撃てない! これ致命傷。
 敵キャラも都合4種類しかいないし、ボーナス得点もないに等しい。
 一応ラザロ(合体する顔の形をした敵。FC版では合体する前に倒すと5万点ボーナス)は出てくるものの、弱すぎて倒し甲斐はない。
 再現されているのはグラフィックだけ…といった有り様。

 まあ暇つぶしにはよかろう…と思って残してはあるものの、いずれメモリの藻屑と消えるかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2002年5月 | トップページ | 2002年8月 »